淡水・海水で魚が生きていけるかは、水分調整機能の有無に左右される

Salmon

魚は淡水魚と海水魚に分けられ、逆の環境では生きていけません。 例えばサンマを淡水に入れたり、コイを海水に入れたりすれば死にます。

しかし中には成長すると生活の場を変えるものや、淡水と海水を行ったり来たりするものがいます。 何が違うのかと言えば、淡水用と海水用の水分調整機能を持っているかどうかなのです。 片方しかなければそちらにしか住めず、両方あればどちらにも住めます。

魚と浸透圧

fish

浸透圧という言葉をご存知でしょうか? 簡単に言うと「2種の濃度が異なる液体は、濃度の低い方が高い方に浸透して同じ濃度になろうするとする」圧力です。

これは魚の体液と周囲の水にも働く力です。 そして濃度は「淡水<体液<海水」の順で濃くなります。 なので「淡水では水が細胞に入ってくる」「海水では体液が細胞の外部に出ようとする」働きが起きます。

淡水・海水に住む魚たちは浸透圧で死なないように水分を調整する仕組みを持っています。 淡水魚はほとんど水を飲まずに、入ってきた水分は大量の尿として排出しています。 海水魚は不足する水分は海水を飲んで補給し、余計な塩分はエラでこして濃い少量の尿で排出しています。

逆にこれらの機能を持ってない方で生活させようとすると死にます。 淡水魚が海水に入れば水を殆ど飲まないので脱水症状で死にますし、海水魚が淡水に入れば入ってくる水分を排出できずに死にます。

なので淡水・海水で生きられるかどうかは、環境に合った水分の調整機能を持っているかどうかなのです。 どちらか片方しか持たなければそちらでしか生きられず、両方持っていればどちらでも生きていけます。

淡水・海水のどちらでも生きていける魚の仕組み

fish

淡水・海水のどちらでも生きていける魚がいます。 例えばサケは淡水で産まれ、ある程度成長すると海へ出て成長し、産卵を迎えるとまた川に戻ってきます。
逆にウナギのように海で生まれて川で成長して海で産卵するのもいますね。

これらは淡水と海水を移動する際、双方が入り混じる汽水域で体を慣らして体の機能を変化させています。 淡水と海水を移動する習性を持つものは順応力が高いからこのような真似ができるのです。 だから急に別の水に付けると上手く処理できずにショック死するんですよ。

他にもメダカのように淡水魚なのに海水に対して耐性を持つものもいます。 実は一部のメダカは海水中でも普通に生存・繁殖が可能なのです。
何でこんな機能を持っているんですかね?たまたまなのか、海で生きていた時代の名残なのか・・・

雑学王 HOME