差別と区別の違い

discrimination

学校で「差別」はいけないことだと教わります。 男女差別や人種差別など、どんな差別も間違ったことだと授業でやりますよね。

その一方で区別は必要です。 男女の更衣室もトイレも別々ですし、女性専用車両なんてのもあります。 しかし世の中の「区別」を見ていると、中には差別とどこが違うのかよく分からないのもよくありますよね。

一体何が差別と区別を分けているのかというと、それが「不当である」かどうかです。

男女差に見る差別と区別

man and woman

まずは差別と区別、2つの言葉を辞書で引いてみましょう。

【差別】
1.あるものと別のあるものとの間に認められる違い。また、それに従って区別すること。
2.取り扱いに差をつけること。特に、他よりも不当に低く取り扱うこと。
【区別】
(スル)あるものと他のものとが違っていると判断して分けること。また、その違い。

どちらも同じようなことが書かれていますが、ここで注目すべきは差別の2番にある「不当」というワードです。 つまり正当な区別は「区別」であり、不当な区別は「差別」であると言えます。 正当か不当かを判断するのは難しい話なのですが、とりあえずは「区別する合理的な理由があるか否か」と考えておけばいいでしょう。

一番身近な差別と区別はやはり「男女」でしょうか。 男女の差別と区別を考えてみましょう。

スポーツにおける男女区別

スポーツにおいて男女は別々に競技を行います。
もしスポーツで男女の垣根を取っ払った場合、女性が活躍する余地は殆どなくなります。

例えば日本ではフルマラソンで女子が世界で活躍する一方で男子の成績はあまり芳しくありません。 しかし両者を純粋にタイムで比較した場合は男子の方が10分以上早いです。他の競技も女子のトップクラスの記録が男子においては出場できるかどうかのギリギリのラインなんてことも珍しくありません。

もし男女の垣根を取っ払って純粋に能力で勝負した場合、女性は大会に出場すらできないなんてことも十分あり得ます。 そうなれば女性は真面目にスポーツに取り込む人は少なくなり、興味すら持たない人も増えるでしょう。 そんな状況は男女ともに望むところではありません。

なので「両者は明確に能力の違いがある」として男女別々に競技を行います。 男女に身体能力差があることを認めて「区別」している訳ですね。

会社における男女差別

会社勤めの男女2人を例に挙げます。 男女はともに同期入社であり、男性は順調に昇進して管理職となった一方で女性は昇進が遅れているとします。

この結果が2人の能力によるものだった場合は「能力による区別」をした結果なので「正当な区別」であり「区別」であると言えます。

しかし「女性だから昇進が遅れる・女性はポストには就けない」などの「性差による区別」だった場合は「不当な区別」であり「差別」であると言えます。

会社における男女差別はもう少し根深い問題なんですけどね。 事項でもう少し掘り下げてみましょう。

会社の男女差は差別?区別?

Gender discrimination

会社では女性よりも男性の方が優遇される傾向があります。 男女の格差を是正するべく提言や活動などがされていますが、未だに解消されたとは言えない状況です。

良い仕事を回したり昇進させたりは男性を優先させる事がありますし、そもそも女性を採用したくないという会社もあります。 これを「男女差別だから止めろ」と言うのは簡単なのですが、なぜ差別がなくならないのか少し掘り下げてみましょう。

男女の最も大きな違いは「子どもを産む」かどうかです。 出産や育児は後世の人間を産み育てるという人にとって最も重要なことのひとつです。

しかしこの出産、会社にとっては業績の足を引っ張るイベントでしかありません。 産休だけでも2か月は休む必要がありますし、育児休暇も取る場合は最大で1年以上もいなくなってしまいます。 さらに多くの子を産む場合、その期間は乗算されていきます。

この期間の出産手当などの各種諸手当は健康保険組合などが出すので、産休や育休が直接会社の業績にダメージを与える訳ではありません。 しかし「社員が長期間穴を開ける」状況は、会社にとって歓迎できるものではありません。

例えば3人のチームで作業を行っていて、1人が産休で1年抜けるとします。 同じ仕事を2人で回すのは無理なので、採用や教育などにコストを費やして別の人を確保しなければなりません。 そして新人が仕事に慣れてきたと思った頃に産休を終えて帰ってきて、今度は余った1人をどうするか考えなければならなくなります。

また育児休暇が終わったとしても、あまり小さい子を放っておく訳にもいきません。 しばらくは定時後すぐ帰って子の面倒を見なければならないでしょうし、休日の勉強会などにも簡単には行けなくなるでしょう。 そういう事情もあってか結婚や出産を期に会社を辞めてしまう女性も少なくありません。

2か月間の出産を除けば男性でも育児は可能ではありますが、「仕事は男・家庭は女」の風潮が根強く残っており、実態として育児の負担は女性側が高いことが多いです。 会社だけでなく両親や周囲の人なども「母親なんだから」と女性に子育てを強要・推奨させるケースが少なくありません。

そういった事を全てひっくるめて、会社にとって女性はリスクが高い傾向があるです。 大企業であればこういった人を回すポストやノウハウもありますが、ギリギリで回している中小企業はかなり困ることもあります。 なので女性を重要なポストに付けるのを控えたり、女性の採用自体をしたくないという企業も少なくありません。

逆に男性であることが不利になるケースもあり、花屋やレストランなどの接客は男性だから採用されないなんてこともあります。 女性を使った方が売上が良いなんてデータもあって女性を優遇する傾向があるのです。

他にも職場を単一の性別で固めたいケースもあります。 24時間体制で回している職場で夜間に男女を同じ場所で勤務させると・・・なんだか問題になりそうな気がしますよね。 そもそも女性を夜中まで会社に残さないなんて職場も少なくありません。

こういったことは「男女差別」と叫ばれ忌むべきこととされてはいますが、実態としてメリットやリスクがあるのだから控えたいという主張も分からなくもないですよね。 「差別」として糾弾すべきなのか、それとも「区別」としてある程度は許容すべきなのか・・・難しい問題ですね。

雑学王 HOME