「デスクトップPC」「ノートPC」「タブレットPC」の違い

pc

一口にPCと言っても色々あります。 沢山ありすぎて何を買えばいいのかよく分からなくなることもありますよね。

何を買えばいいのかは言ってしまえばやりたい事次第になるのですが、PCごとに何が違うかが分からなければ需要も出しにくいものです。まずはデスクトップ、ノート、タブレットの各種PCのメリット・デメリットを踏まえつつ特徴を捉えましょう。

デスクトップPC

desktoppc

デスクトップPCは大画面モニタを使いたい方や、高度な用途に使用したい方にお勧めです。 小さいコンパクトなものを「省スペース型」、大きく高性能なものを「タワー型」と言います。

モニタとPCが合体した「モニタ一体型」なんてのもありますが、あれはお勧めしません。 理由は後述します。

メリット

デスクトップPCのメリットは拡張性が高く部品の流用もしやすいことです。 PCの性能を向上させたい時や壊れた時に他のPCなら丸ごとの買い替えが必要になりますが、デスクトップなら部品を交換するだけで解決します。買い替えの際などにも旧PCの部品を流用することができるのも嬉しいです。

大画面モニタを使いたい場合はほぼデスクトップPC一択になります。 持ち運びには向きませんが、事務所や自宅に据え置く場合は気にしなくてもいいのではないでしょうか。

また同じ性能で各種PCを見た場合、最も価格帯が安いのも特徴です。

デメリット

デスクトップ最大のメリットである部品の流用・交換はある程度PCの知識がないと行えないので、メリットに感じない人も多いかもしれません。 それにメーカーは「PCケースを開いた場合は保証しない」スタンスなので、交換作業をするとメーカー保証が効かなくなって余計なリスクを背負うことになります。

また筐体が大きいため場所を取り、コード類も多いのが難点です。 気軽に持ち運びできず部屋の模様替えにすら手間がかかるのは大きな欠点と言えるでしょう。 また内部電池がないため電源がない場所では使用できず、停電などで電気が止まると電源が切れてしまうのもマイナスです。

デスクトップPCにはモニタとパソコンが合体した「モニタ一体型デスクトップ」なんてのもありますが、本質的にはデスクトップPCというより「持ち運びしにくいノートPC」です。デスクトップPCのメリットがほぼ消えるので存在に疑問符が付きます。ITエンジニアなどからは嫌われることが多いですが、なぜか一部で根強い支持があり中々なくなりませんます。

ノートPC

notepc

ノートPCはあらゆるシーンで活躍できるPCです。
大きく分けてある程度性能が高くモニタが大きいスタンダードノートと、持ち運びを重視した軽く小さいモバイルノートの2種があります。 用途に合わせて選択すればより快適にノートPCを使えるでしょう。

ちなみにノートPCは和製英語であり、海外では「ラップトップPC」と言います。

メリット

ある程度の性能があるので、高度な作業が可能な上に持ち運びも容易です。 内蔵電池もあるため、電源のない場所でも数時間は使用できるのも大きいです。

学業や仕事などで作業した内容をそのまま持ち運んで使えるのはとても便利です。 資料を作って会議室へ運んでプロジェクターに表示させるなどの用途はノートPCならではですね。

スペックも幅広く、最低限の作業用のロースペックノートからそこらのデスクトップPCより性能の高いハイスペックノートまで用意されています。 モニタサイズにさえ目を瞑れば、デスクトップPCでできる大抵のことはノートPCでも可能です。

デメリット

持ち運べはしますが、使用するにはある程度の作業スペースが必要となります。 タブレットPCのように電車の中や椅子に腰かけての使用は厳しいです。

ノートPCは基本的に分解できないように設計されているため、パソコンの拡張や部品の交換・修理ができません。 また長く使っているとPC内部にホコリが貯まりますが、掃除することもできません。

中を開らくことはできなくもないですが、それなりに繊細な作業になりますしメーカー保証対象外になってしまいます。 キーボードのキーひとつ壊れただけで修理に手間暇がかかることでしょう。

タブレットPC

tabletpc

タブレットPCはネット利用に特化したPCです。
スマホでは不便を感じるけどノートPCほどの性能は必要ないという方にお勧めです。

メリット

小さく持ち運びが容易なのが最大の特徴です。 モバイルノートと比べても更に軽く小さく、作業領域がそのままモニタであるため本やノートのように手にもって使用することができます。

用途や性能は限られているものの、その分バッテリーが長持ちします。 ノートPCと比べて2倍程度の稼働時間があるため長持ち安心です。

性能は低いですが価格は安く抑えられています。 ウェブサイトの閲覧や動画の視聴であれば、タブレットPCの性能で十分使用に耐えうるでしょう。 ライトユーザーや普段使いにおススメです。

デメリット

キーボードがなく画面も小さいため、長文・資料作成・プログラミングなどの本格的な作業には向きません。 ネット利用専用機といった体の製品です。

スペックはモバイルノートよりも更に低いため、高度なソフトウェアやゲームには耐えられないでしょう。 他の種類のPCで難なく動くアプリケーションでも重さを感じることもあるかもしれません。

画面サイズが小さいのと関連しますが、ウェブサイトの中にはある程度のモニタサイズを持っている前提でレイアウト設計されたサイトがあります。そういったサイトを閲覧する場合、ひどく不格好なレイアウト表示になる可能性もあります。

USBポートがないので、そこでも不便を強いられるかもしれません。 この辺りはSDカードやウェブストレージなどで対応も可能ではありますが、別の対応を強いられる時点で面倒ではあります。

ただライトユーザーであればこういった点はあまり気にならないのかもしれません。 ネットサーフィンや動画閲覧をしたいだけなら必要十分な性能は持っていると言えます。

雑学王 HOME