インターネットの深い闇、深層ウェブと闇ウェブ

dark

深層ウェブや闇ウェブといった、なんだか恐ろしげなワードが認知されるようになりました。 ひと昔前には闇プログラマなんて言葉が流行りましたね。もっともあれはただのネタでしたが。

しかし深層ウェブや闇ウェブはネタかと思いきやそうではありません。 なんだか仰々し過ぎる言葉を使っているような気はしますが、実在するものなのです。

言うほどヤバくない?深層ウェブ

deepweb

ユーザがネットで情報を探す時はGoogleやYahooなどの検索エンジンを使って探すのが一般的です。 多くのサイト運営者は検索エンジン上位にサイトや記事が表示されるように日夜しのぎを削っています。

検索エンジンがどうやって表示するサイトや順番を決めているのかと言えば、日々インターネットを巡回するプログラム(クローラ)によってネット上にあるサイトの情報を集め、独自のアルゴリズムで検索ワードに対して表示するサイトを決めています。

しかし一部のサイトやページは検索結果に表示されていません。 この検索エンジンからたどり着けない情報が「深層ウェブ」と呼ばれています。 逆に普通に検索に表示される情報は「表層ウェブ」と呼ばれています。 つまり普通の人が一般的に見ているのが表層ウェブですが、その情報量は深層ウェブの1/100程度しかないとも言われています。

「深層ウェブ」はなんだかアングラじみて格好いいワードですが、入っているのはアングラなものばかりという訳ではありません。 データベース・構築中のサイト・身内向けのサイト・社外秘・個人的なメモ書きなど、広く公開してはいけない・したくない・する意味がない情報がありますよね。 そういった情報も深層ウェブに含まれます。

中には検索エンジン側の判断で検索結果から弾かれた場合もあります。 質の悪い・違法性の高いサイトを手軽に検索できる状況は検索エンジンとしてもコンプライアンスを問われるため、そういったサイトを検索結果から排除しています。 Googleの検索結果に表示されなくなることを「Google八分」なんて言いますよね。アレです。

深層ウェブには雑多で様々な情報が含まれており、一概に全てヤバいという訳ではありません。 しかし中には当然危険なものも含まれています。それが深層ウェブの更に深層にあるインターネットの闇「闇ウェブ(ダークウェブ)」と呼ばれるものです。

ヤバい!闇ウェブ

darkweb

普段我々が検索エンジンからアクセスするサイトにも違法性があるものはゴロゴロしています。 しかしそれらはせいぜい軽犯罪に問われるかどうか程度のものです。 対して闇ウェブは一目で違法サイトと分かるレベルで、普段目にするサイトとは一線を画した存在です。

闇ウェブでは銃、麻薬、金融情報、ポルノ、偽造通貨など様々な違法性の高い情報や現物のやり取りがされています。 ちなみに支払いには主にビットコインが使われています。流石に買ったことはありませんが、ちゃんと届くのでしょうか?

中にはURLを知っているだけでは接続できず、匿名化アプリTorを通さないと閲覧できないものもあります。 ただしTorは危機管理のできない素人が自分のPCやスマホに入れていいような代物ではなく、割と頻繁に脆弱性を突く攻撃が起きています。 もし無警戒に振る舞えば脆弱性を突かれてあなたの個人情報が割れ、1ドルで売り出されるようになるかもしれません。

また闇ウェブ内にはFBIを筆頭に捜査機関が網を張っており、中にはおとりサイトも沢山存在します。 そんな所でマヌケを晒すと即逮捕です。追跡不可能と言われていた領域での逮捕者も出ています。

闇ウェブは興味本位で利用するには少し闇が深すぎるので、変に興味を持たず関わらないようにするのが賢い生き方でしょう。 中学生ぐらいの男の子はこういうのに興味津々だと思いますが、あまり無茶なことはしないようにしましょう。

雑学王 HOME