「柔よく剛を制す」には「剛よく柔を断つ」という続きがある

jyuyokugowoseisu

柔道や合気道などでは力の強い相手を技によって倒す術を教わります。 「柔よく剛を制す」と言って、優れた技を以って力を制するのが極意です。

でもこの言葉には「剛よく柔を断つ」という続きがあるのです。 なんだか身も蓋もない響きがしますね。

柔よく剛を制す。剛よく柔を断つ。

judo

「柔よく剛を制す」は柔道などでよく使われる言葉ですが、元々は中国の兵法書「三略」にある言葉です。 三略での「柔」と「剛」は、力と技ではなく人や軍の性質として書かれています。 その一説では「柔軟なものが剛強なものを制すること『も』ある。どちらも身に付けなさい。」と説いています。

現代日本においての「柔よく剛を制す」は、柔道などの格闘技で力(剛)を技(柔)で制する意味で使われるようになりました。 この言葉自体は剛を軽んじている訳ではありませんが、いつの間にかやたらと柔を持て囃す風潮ができたように思います。

もしかすると明治以降のグローバル化が影響しているのかもしれません。 欧米人と比べて体格に劣る日本人が技術に活路を見出そうとするのは、当然の流れですからね。

力や体格に劣るものが大きな相手を制するのは痛快です。 しかし現実は剛に劣る人間が勝つのは簡単ではありません。

柔道においては体重別に階級が定められて試合が行われます。 2016年の時点では高校柔道は5階級、オリンピック柔道は7階級に分けられています。 なんでこんなことになってるのかと言えば、軽い人と重い人では勝負にならないからです。 軽い分には上の階級に出場しても問題ないのですが、怪我のリスクも高いため気軽に出ることはできません。

互いに熟練した柔道家同士では、重い方が力が強く有利です。 これを覆すには技量に差がなければできません。

稀に軽量級の体格で無差別級に出場して優勝するような人もいるにはいます。 例えば秋本啓之氏は高校時代に66kgで全国高校選手権の無差別級を制しています。 しかし氏はエリート柔道一家の生まれで5歳から柔道を始めており、環境と経験にアドバンテージがありました。 これぐらい柔に差がないと勝てないのです。

無差別級の大会である全日本選手権の上位者ともなれば重い選手だらけです。 100kg越え当たり前、中には140kg越えもいる、軽くて90kgといった具合で、小兵が入り込む余地はほとんどありません。 小兵が柔で巨漢を投げ飛ばす姿は痛快ではりますが、あまり現実的ではないのです。

ちなみに全日本選手権の最軽量優勝者は80kgですが、これは40年以上前の記録なので現在同じことをするのは難しいでしょう。 リオ金メダリストの大野将平氏(73kg)が2014年に出場していますが、1回戦なしの3回戦で敗退しています。(相手は2014年の優勝者なので、相手が悪かったと言えばその通りなのですが・・・)

近代では「剛よく柔を断つ」という言葉も用いられるようになりました。 これは「力は技を破る」という割と夢も希望もない言葉ですが、「柔よく剛を制す」とセットで使われ、三略の言う所と同じような意味で使われるようになりました。「剛柔一体」と言って、多くの格闘技で極意とされています。

「柔よく剛を制す。剛よく柔を断つ。」これは格闘技のみならず、色々な物事に言えることです。 学業や仕事においても、その場その場で適切な手段を講じる人が高い成果を挙げています。 何事にも凝り固まらずに、時に強く、時にしなやかに生きていきましょう。

雑学王 HOME