つぎ込んだ時間や費用が大きく止められない心理「コンコルド効果」

cost

何かに時間や費用をつぎ込むと、止めた時に今までかけた労力が無駄になります。 学業やスポーツ、芸術や音楽、ギャンブルや投資、開発やプロジェクトなど色々ありますね。

今までの労力が無駄になるのを恐れ、半ば無駄だと分かっていながらも更なる投資の継続をすることがあります。 それで挽回できればいいですが、無駄に傷口を広げるだけの結果に終わる場合も多いです。

そんな無駄だと思っているのに止められない状態を、超音速旅客機コンコルドの失敗になぞらえて「コンコルド効果」と言います。

コンコルド効果とは

concorde

あなたは5000円でゲームを購入しました。 ゲームはクリアまで10時間ほどですが、1時間ほどプレイして「つまらない」と判断しました。 この時あなたはゲームをスパッと辞めますか?それとも「この後面白くなるかも」「せっかく買ったのだから」と続けますか?

ゲームならスパッと止める人も多いですが、これが映画ならどうでしょう。 つまらない、これ以上は時間の無駄だと思いながらも結局ずるずると見続けてしまう人も多いのではないでしょうか。

人は「今までにかけた費用や時間を無駄にしたくない」と考えます。 しかしその心理が逆に足かせとなって止めるべき所で止められず、その結果更なる無駄を生み出してしまう結果となることがあります。

「投資で何百万もの損失を出し、それを挽回しようと更に資金を投入した結果、許容量を超えて破たんした」なんてよくある話です。 冷静にはたから見るとバカみたいに見えますが、規模こそ違えど同じようなことを誰もが日常的にしているのです。

こういった「続けても無駄なのに今までの損失を無視できずにやめられなくなる状態」を「コンコルド効果」と言います。

コンコルド効果の由来となったコンコルドの顛末

コンコルドは超音速旅客機で、1976年~2003年まで営業飛行していました。 特筆すべきはその最高速度で、通常の旅客機が1000km/h程度なのに対してコンコルドは2000km/hを超える速度を誇っていました。 その速度は音よりも地球の自転速度よりも上で、パリ-ニューヨーク間であれば通常8時間半以上かかるところを3時間半の飛行時間で飛んでしまいす。

そんなコンコルドがなぜ営業停止になってしまったかと言えば、コスト面に多大な問題があったからです。 通常の5倍もの機体コストがかかりますが、高速移動の安全上あまり大型にはできません。 座席は100席程度しかなく、コスト回収のため一般的なファーストクラスより更に上の価格設定にせざるを得ませんでした。

他にも特別に長い滑走路が必要で小さい空港では運用できない、音速を突破する際に起きるソニックブームによる騒音被害などの問題もあり、主流にはなれずに細々と一部の航路でのみ運行されていました。そして2000年に起きたコンコルド墜落事故により安全性を疑問視され、改修したものの2001年のアメリカ同時多発テロにより収益はますます悪化、2003年に営業停止となってしまいます。

このコンコルド本来はもっと大量に配備される予定でしたが、上記の問題により16機しか製造されませんでした。 20機で開発費を賄える訳もなく、とんでもない赤字を出して終わりました。

最終的に大赤字を出したコンコルドでしたが、実は2003年までに撤退するタイミングがなかった訳ではありません。当初から順風満帆という訳ではなく、かなり早い段階で採算が取れないことは分かっており、常に「このまま開発を続けて就航させるよりも、何もかもここでスパッと止めた方が幾分マシ」という進退窮まった状態でした。

しかし膨大な投資額から誰もプロジェクトを中止させることができず、誰もが傷口を広げるだけと分かっていても開発は止まりませんでした。 その結果、開発会社であるブリティッシュ・エアクラフト・コーポレーションとアエロスパシアルは大赤字を叩き出すこととなったのです。

コンコルド効果への対処

think

コンコルド効果は愚かなことではありますが、そこら中に溢れています。 個人レベルの身の回りにはもちろん、日本の行政や企業など至る所にありますよね。

「このまま続ければ上手くいくかもしれない」「もしかしたら何とかなるかもしれない」・・・そんな可能性にすがりながら、ジワジワと傷口を広げていくのです。

ここまでかけたコストのことを「サンクコスト」と言いますが、サンクコストの事を考えると中々止める決心が付きません。 今までのサンクコストが「投資」から「無駄」になることが決定するのですからね。しかし無駄だと分かっていることを続けるのは正常とは言えません。

こういった状況に陥った場合、ここまでかけたコストのことを忘れて判断してみると良いです。 今から自分がやろうとしている事が現在の立ち位置から合理的かどうかを考えましょう。

例えば「投資で損したから・投資額を倍にする」はどう見ても非合理的ですよね。 この場合「投資額を倍にする」だけを見て合理的かどうかを考えます。

「100時間もプレイしたから・ゲームを続ける」「3年間も交際したから・別れたくない」「100万も負けたから・掛け金を倍にする」いずれも前半部と後半部が繋がっていません。一旦コストの事を忘れて、改めて自分のやろうとしている事を見つめ直してみましょう。

雑学王 HOME