自分より上を見る上方比較と、下を見る下方比較の心理

upward

人は自分の社会的な立ち位置を確認するため、本能的に自分と他者を比較します。 さて、あなたは自分を「自分より優れた人」と「自分より劣った人」のどちらと比較していますか?

上を見れば上を目指して努力をしようという気持ちが沸きますが、あまりに成功できないと自尊心が折れます。 下を見れば自尊心が満たされる一方で向上しようとする気持ちになりません。

どちらがいいのかと言えばケースバイケースです。 下だけ見ていると現状に甘んじてしまいますが、かといって上だけ見続けるのが最善の結果をもたらす訳ではありません。 元気なら上を、元気がないなら下を見るといいみたいですよ。

社会的比較理論

downward

人間は色々なものに格付けをしたがり、特に自分と他人を比較するのが大好きです。 運動能力、学力、クラスでの立ち位置、顔、スタイル、職業、役職、年収など様々な物差しで自分と他人を比べます。

人間は社会的な存在であり、「正確な自己評価のため」にこのような比較を本能的に行うと考えられています。 凄い才能があるのに気づかないまま一生を終えたり、凄い才能があるはずだと勘違いして一生を捧げたりするのは社会にとっても自分にとっても損失となります。自分が他人と比べてどうなのかを知ることは社会で生きていく上で重要なことなのです。

自分と比較するに際して、「あいつは俺より頭がいい」などの自分より上の存在と比較するのを「上方比較」、「あいつは俺より運動神経が悪い」などの自分より下の存在と比較するのを「下方比較」と言います。(あくまで自身がどう思っているかで真実かどうかは関係ありません)

まあ大抵の人はどちらも経験ありますよね。実はこれらの比較、あなたが上下のどちらを向いているかはあなたの現状と欲求が反映されています。 今の自分を誰と比較することが多いでしょうか?その人は自分よりも上でしょうか?それとも下でしょうか?胸に手を当てて考えてみてください。

上方比較・下方比較における現状の心理と欲求の傾向

あなたの心の中に比較対象とする人はいたでしょうか? 中には我が道を行くから誰とも比較しないなんて人もいるかもしれませんが、大体の人は自分と比較する対象を持っていることでしょう。 その人は自分より上にいるか下にいるかを念頭に以下を読み進めてみてください。

まず上も下も見ているあなた、とても人間らしい行動をしています。 現状にとても満足しているとはいえないまでも、大きな不満を抱えている訳でもないのではないでしょうか。

次に上の人とばかりと比較しているあなた、あなたはその人のように・その人以上になりたいと考える上昇志向の強い状態です。 気力が充実して現状が安定している時に上方比較に偏りやすいです。 嫉妬や向上心は努力に繋がり、努力は成功や成長に繋がるので、基本的に好ましいことです。

ただしあまりに目標が遠い・報われない努力をしている場合、心が折れてしまうこともあります。 あまり自分を追い詰めないようにほどほどに頑張りましょう。

最後に下の人とばかりと比較しているあなた、あなたは現状のまま努力せずに自尊心を満たしたいと考えています。 疲れているときや現状に不満を感じる時にこのような下方比較に偏りやすいです。

なんだか嫌な人間のように見えますが、あなたの疲れを癒すのにはこれは効果的な方法です。 人間、自尊心が低いと投げやりになってしまいます。疲れた時には頑張らずに休むのも大切なことなのです。

上方比較と下方比較を上手く使い分けよう

綺麗ごとを言えば上方比較のみを行い自己研鑽に励むべきですが、人間は綺麗ごとだけで生きているようには出来ていません。 上方比較と同様に下方比較にも大事な役割があるのです。

人が成長するためには上方比較が効果的ですが、疲れてヘトヘトになっている時に上を目指してもうまくいきません。 時には足を止めて休むことも大切であり、そんな時には下方比較があなたを癒してくれることでしょう。

ただしあまり下ばかり見ていると全く成長しませんし、何より見下すようなクセが付いてしまいます。 特にネットでは下方比較ばかりしている人が目立ちますが、ネットだろうが現実だろうが下方比較を表に出すのは褒められた行動とは言えません。 疲れた時にこっそり心の中でだけ下を見ましょう。

さて上方比較と下方比較、あなたはどちらが多かったでしょうか? 自分の現状と欲求に合わせて、上手く二つを使い分けて自分の糧としましょう。

雑学王 HOME