手軽で簡単、冷やし炭水化物ダイエット

rice

炭水化物は最も基本的な食品です。 米、パン、麺、芋などに多く含まれ、世界中で主食として食べられています。 日々のエネルギーとして欠かせない最も重要な栄養素の一つです。

しかしこの炭水化物、太る原因でもあります。 そのため一時期はは炭水化物を極端に制限する低炭水化物ダイエットが流行りましたが、健康への悪影響が出ると考えられて今では下火になりました。 それに炭水化物を控えると、なんだか食事した気になりませんよね。

そんなあなたにお勧めなのが冷やし炭水化物ダイエットです。 炭水化物を冷やすだけなので簡単!お手軽!長続き!なダイエットです。 最早ダイエットしているという意識すら起きないぐらいお手軽です。

炭水化物を冷やすだけ、冷やし炭水化物ダイエット

freez

炭水化物は日々のエネルギーを生み出す重要な栄養素であるとともに、取り過ぎは余分な脂肪を付ける原因でもあります。 成長期や十分な運動をしているならいいですが、大人になって忙しくなると普通に食べているつもりでも脂肪がついていくものです。

そこでダイエットが必要になるのですが、ダイエットは食べる量を減らすのが基本です。 特に脂肪になりやすい炭水化物を控える手法がよく取られます。 重要な栄養素が不足するような事態は良い事ではありませんが、最低でも適量を超えるようなことは控えなければなりません。

どんなダイエットにしろ、お腹いっぱい食べられなくなるのは辛いです。 こんにゃくなどの低カロリー食品で無理やり腹を膨らませる手段もありますが、やはり味気ないので長続きしません。 お腹いっぱい食べて痩せる手段はないのでしょうか・・・

そんな貴方にお勧めなのが「冷やし炭水化物ダイエット」です。 やり方は簡単で、炭水化物を冷まして食べるだけです。

炭水化物は暖かいと小腸へ吸収されて脂肪へ変換される率が高いのですが、冷やす事で脂肪に吸収されにくいレジスタントスターチ(消化されにくいデンプン)となります。通常のでんぷんと比べて摂取カロリーが半分にまで抑えられるのです。

単純に冷やすのもいいですが、冷やしうどん、冷製パスタ、ポテトサラダなど、どうせなら冷やしてもおいしいメニューを用意する方が食事を楽しめますね。我慢も特別な食材を用意する必要もないので、簡単に始めて楽に長続きするのでお勧めです。

レジスタントスターチは他にも血糖値の上昇抑制や腸内環境の調整などの効果もあります。 また暖かい炭水化物を食べるよりもゆっくり消化されるため、腹持ちも良いです。 食事制限ダイエットに失敗する意思の弱いあなたでも、きっと痩せることができるでしょう。

雑学王 HOME