カフェイン依存に気を付けろ!コーヒーの飲み過ぎに注意!

coffee

コーヒーは飲みますか?私は1日に1ℓ近く飲んでいます。 飲み過ぎを心配されますが、お酒に比べれば可愛いもののような気がします。

私などは飲む癖が付いてしまっているのですが、実はコーヒーって依存性が凄く高いんです。 具体的には成分のカフェインに対する依存なんですけどね。

カフェインの効果と依存性

dependence

人は脳内の「アデノシン受容体」というものを持っており、ここに「アデノシン」が結合すると、眠気や疲れを感じるようになっています。

カフェインはアデノシンと非常によく似た物質で「アデノシン受容体」と結合する作用があります。 カフェインがアデノシンの代わりに受容体と結合すると、本来感じるはずの眠気や疲労が感じにくくなるのです。

しかしカフェインを常用するうち、本来体が休まなければならない状態にあるのに休まないことが続きます。 すると脳は体を休ませるため、もう疲れてるんだから休めよと命令を飛ばします。 具体的にはアデノシン受容体を沢山作ります。

アデノシン受容体が増えてしまうと、同じ量のカフェインでは結合しきれません。 少々コーヒーを飲んでも普通に眠気が出たり疲れたりする体になる訳です。

ここで摂取するカフェインを増やすとまた体の疲れをごまかせる訳ですが、そうなると脳とカフェインの堂々巡りですよね。 飲めば飲むほどアデノシン受容体も増え、覚醒に必要なカフェイン量がどんどん増えていきます。 こうしてどんどん摂取量が増えていくのです・・・

カフェイン中毒による症状

カフェインは少量なら問題ありませんが、摂取しすぎると体や精神に様々な症状が表れます。 不眠になったり、アドレナリンが分泌され興奮状態になったり、カフェインを排出しようと頻尿になったりは序の口です。 更に胃痛、貧血、自律神経の乱れなどに繋がり、滅多にありませんが最悪死ぬことすらあります。

またカフェインには離脱症状があり、摂取を止めると様々な症状が表れるのも厄介です。 イライラ、集中力散漫、疲労感、過眠などの影響が表れます。 症状はおよそ一週間ほどで消えるので、カフェイン摂取量を減らしたい人は一週間だけ我慢しましょう。

カフェインは適量摂取を心がけよう

smile

カフェインの過剰摂取はもってのほかですが、適量摂取を心がければむしろ体へ良い影響を与えることができます。 疲労や眠気を飛ばす覚醒効果はもちろん、頭痛を抑えたり、血行を促進して筋性疲労を回復させる効果もあります。

また抗酸化成分があり、乳がんや大腸がんのリスクを抑えることも研究で分かっています。 上手く使えば薬となるので、適切な摂取を心がけましょう。

カフェインの適量は、1日200mg以内です。 コーヒーなら1日2杯、その他の飲料ならよほど飲み過ぎない限りは大丈夫でしょう。

飲み物のカフェイン含有量を貼っておくので、ご参考まで。

私はとりあえずコーヒー飲む量を1/3にしなければ・・・

雑学王 HOME