点滴でお腹が減らないのは、空腹は脳が血糖値で判断するから

Drip

病気や手術などによって、口からごはんが食べられなくなることがあります。 そうなった場合は点滴によって栄養補給を行いますが、栄養的には問題なくても何も食べられず胃の中は空になります。

「お腹が減って辛いんじゃないだろうか」なんて思うかもしれませんが、実はそうでもありません。 空腹はお腹に物が入っているかどうかでなく、血中の栄養が不足した時に起きるからです。

空腹のメカニズム

hunger

空腹はお腹に物が入っていない状態と思っている人が多いですが、実際の所は少し違います。 お腹に物が沢山入っていると「満腹」を得られますが、それは満腹や空腹とは微妙に違うものなのです。

人間はエネルギーを取らなければ飢餓状態になり、脳や体が壊れていって最後には死んでしまいます。 逆に過剰に食べ続けて過剰な栄養を摂取すれば、ブクブクに太ってやはり最後には死んでしまいます。

そうならないために脳の「満腹中枢/空腹中枢」と呼ばれる器官が適正な栄養状態を管理しています。 栄養が不足していれば空腹中枢が空腹感を、過剰していれば満腹中枢が満腹感を出して、人体が適正な食事を取るように管理しているのです。

これら器官が満腹や空腹を感じる基準は、胃に物が入っているかどうかではありません。 では何を基準に栄養状態を判断しているかと言えば、血中の糖の濃度いわゆる「血糖値」です。 血糖値とは血液内のグルコースの量で、日々のエネルギー源として体中を駆け巡っています。

血糖値が下がると空腹中枢はエネルギーが不足していると判断し、空腹感を出して食事を取らせようとします。 逆に血糖値が上がると満腹中枢は十分なエネルギーを摂取したと判断し、満腹感を出して食事を止めさせようとします。

ダイエットの時などに野菜やこんにゃくなどの低カロリーな食品だけを食べて無理やり空腹感を紛らわす方法がありますが辛いですよね? 糖分が含まれていない食品では低血糖値状態が解消されないため、空腹もまた解消されないからです。

空腹感が酷い時には、血糖値を意識すると上手く立ち回れるかもしれませんね。 アメを舐めておけば血糖値が上がって空腹感を抑えることができます。 空腹時におやつとして食べるのはもちろん、ダイエットにも効果的です。

「腹八分目でも満腹になる」と言われているのも血糖値の関係と思われます。 食べ物にもよりますが、炭水化物などのエネルギー化が早いものでも食べてから血中に送られるまで30分ほど時間がかかります。 つまり十分な食事を摂っていても満腹信号はすぐには出ません。だから「腹八分目まで食べて終わりにしましょう」という事でしょう。

血糖値が十分なら空腹にはならない

Satiety

空腹は血糖値の状態であり胃の中に物が入っているかは関係ないとお話しました。 それならば必要な栄養だけ摂取している状態、つまりは点滴を打って生きている状態なら空腹にならないのかと疑問に思うのではないでしょうか。

点滴で栄養を摂取して血糖値が問題ない状態であれば空腹になりません。 だから病気や手術で食事ができずに点滴を受けている状態でも空腹にはならないのです。

とは言っても「心が飢える」とは言いますけどね。 食事は人生の楽しみの一つなので、それが味気ない点滴に置き換われば体はともかく心に飢えを感じてしまいます。
特に点滴を始めた時には普段のクセもあって空腹を感じる人もいるようです。

そんな訳で点滴だけでも空腹を感じない理由は、脳は血糖値で満腹・空腹の判断をしており、点滴は血糖値を正常な範囲に保つためという訳でした。

雑学王 HOME