ブラックジャックは実力次第で大勝できる

blackjack-winning-strategy

カジノゲームは好きですか? お金を賭けるには海外に行くかオンラインカジノでもやるかですが、プレイだけならゲームやゲームコーナーでプレイ経験があるかもしれませんね。

実はそのカジノには、実力次第で大金を稼げるゲームが置いてあるのです。 過去に何人もの人がそのゲームでカジノから大金をせしめました。 それがブラックジャックです。

ブラックジャックとは

blackjack-winning-strategy

ブラックジャックは、ディーラーが複数人と同時にプレイします。 しかしプレイヤー側は基本的に周りは関係なく、ディーラーと1対1で勝負するゲームです。

ルールはジョーカーを除いたトランプを使っての数字勝負で、どちらが21に近いかで勝負します。 Aだけが1と11の好きな方、J・Q・Kの絵札は10、残りは数字通りにカウントします。

最初に双方に2枚配られ、ディーラーのカードは1枚だけオープンされます。 その状態からゲームが始まり、まだ引きたければ好きなだけ引くことができます。 ただし数字が21を超えてしまった場合はバースト・負けです。 最初にプレイヤーが好きなだけカードを引き、その後でディーラーがカードを引きます。

ディーラーは17未満なら絶対に引き、17以上であれば引いてはならないことになっています。 つまりディーラーは機械的に作業しているだけです。

基本的なルールは以上です。 実際のカジノではローカルルールやディーラー有利になるルールが設定されていますが、それは一旦脇に置いておきましょう。

ディーラーが機械的に行う戦法は小学生でも簡単に真似できます。 同じことをやっているだけで互角に戦えるし、もっと冴えたやり方があれば確率的に有利に戦えるのです。

いくつか基本的な戦術を挙げてみましょう。

ブラックジャックの基本的な戦術

17未満なら引き、17以上なら引かない

ディーラーと同じです。 いくつかの限定的な状況を除けば、プレイヤーも基本的にこの方針になります。

見えないカードは全て10と見る

12種類のカードのうち、絵札3種と10の計4種が10です。 つまり10を引く可能性が一番高く4/12もあります。 加えてディーラーの伏せカードが10でなかったとしても、引いてきたカードで合計10になる可能性もあります。

プレイヤーにとって一番弱いのは16

ディーラーはルール上、自分の手が17以上になるまでカードを引かなければなりません。 17になるか、21になるか、はたまたバーストするかは分かりませんが、いずれにしてもプレイヤーの手が16でも2でも勝敗は変わりません。そんな訳で手札が16以下なら、数字に関係なく勝敗は同じ結果になります。

しかしまだカードを引く場合、最も弱いのは16です。 この状態は6以上のカードを引いたらバーストになりますので、バースト確率は7/12です。半分以上バーストします。 16はBJで最弱の最も避けたい数字なのです。

自分が12以上でディーラーが6なら引かない

自分の手札が12でも、引くカードの1/3は10なのでバースト確率は低くありません。 しかしバーストする可能性があっても12では弱すぎて話にならないので、まだ引かなければなりません。

しかしディーラーの見せ札が6ならば話は別です。 見せ札が6であればそこから10を引いて16になる確率が高く、ディーラーは更にもう1毎引かなければならず、バーストに期待できます。 つまり数字で勝とうとせずに、ディーラーのバーストによって勝とうという戦術です。

まだまだ基本戦術は沢山あるのですが、BJ攻略サイトではないのでこの辺にしておきます。 紹介しきれていない分を含め、この辺の戦術はルールの延長とも言える基本的なものです。 全てマスターすればカジノ側のルール次第では期待値100%に迫ることができます。

結局100%弱じゃ結局は運勝負で大勝はできない?まあその通りですね。 それではBJで大勝する人が使う、単純にして真似するのが難しい戦術をお教えします。

カウンティング戦術

blackjack-winning-strategy

カウンティングとは、BJで使われたカードを全て記憶して、伏せカードや配られるカードの幅を狭め、勝率を流動的に計算して賭け金を変えていく戦術です。

極端なことを言えば、最後の1枚勝負になって、その1枚の数字が分かっていれば勝敗も分かりますよね。 そこで勝てるなら大金を賭けますし、負けるならさっさと降ります。これを発展させた手法です。

とは言ってもBJはトランプ4セットを使って、残枚数が1/4程度になると新セットで始めます。 最後の1枚勝負なんてことにはなりませんが、それでもカウンティングで大金を獲得した人が何人もいます。

数字の大きいカードが残っているほどプレイヤーの有利になるので賭け金を上げる、逆の状況であれば賭け金を下げるもしくは席を立つのが基本的な考えです。

ディーラーは17未満なら絶対にカードを引かなければならないので、数字が大きいカードが残っているほどバースト確率も上がります。 かといって16以下で終わることができないので、数字の大きいカードが多く残っている状況はプレイヤー有利という訳です。

厳密な計算をゲーム中に即座に行うのは普通の人には無理ですし、そもそも使ったカードを覚えておくことだって難しいです。 しかしそれでも時々BJで大金を稼いだニュースが流れるのは、大抵は普通でない人がプレイしているからです。 具体的には数学の天才、サヴァン症候群によって計算能力が異常に発達した人、イカサマまがいのプレイヤー、イカサマ師です。

映画でもBJで荒稼ぎしたものがありますね。 「レインマン」では、サヴァン症候群の兄の計算能力を使って、「ラスベガスをぶっつぶせ」ではMITの教授と学生たちがチームを組んでそれぞれ荒稼ぎしていました。もっとも後者は実話をモデルにした話ですが。

ちなみにシミュレーターなどの計算器を持ち込んでのプレイは当然禁止されていています。 またカジノ側はBJプレイヤーに対して、退場やプレイ禁止にする権利を持っています。 これがないと天才に荒らされて商売上がったりですからね。

しかしもし貴方に特殊な才能があるのならば、退場させられるまでに荒稼ぎすることはできます。 自信があればカジノで荒稼ぎを目指してみるのもいいかもしれませんね。

雑学王 HOME