クマと出会ったら死んだふりは死ぬ

bear

山に入るとき「熊注意!」などの看板を見かけることがあります。 注意と言われても何をどう注意すればいいのか、なんとなくは分かっても具体的にと言われるとよく分かりません。

そういえばよく「クマに出会ったら死んだふりをしろ」と聞きます。 よし、これでクマと出会っても安心ですね。

そんな訳ないでしょう!クマの前で死んだふりなんて、死にますよ!

死んだふりはダメなの?

play-dead

クマは動物の死骸を食べます。つまり死んだふりはエサが転がってるだけです。 後はクマが満腹で何かを食べる気分ではないことを祈るばかりになります。

「死んだふり」云々はイソップ童話の「熊と旅人」が元になっているという説があります。 でもあの話は完全にメルヘンなので、決して真似してはいけません。 死んだふりで死傷したニュースが山ほどあります。

クマ注意は何を注意すればいいの?

クマと出会わない

bear-and-human

まずクマと出会わないように注意してください。 向こうも人間は怖いので、出会いたいなんて思ってません。大抵はお互いが予期せぬ出会いです。

なので歩くときに話をしながら・歌いながら・鈴を付けて・ラジオを点けてなどでこちらの存在を知らせながら歩きましょう。 遠目にこちらの存在を察知すれば大抵は向こうが引いてくれます。

クマと出会ってしまったらやってはいけないこと

まず素早く逃げようとはしないでください。 条件反射的に追いかけられてしまいますし、足も向こうの方が早いのでまず逃げきれません。

クマは前足が短いから下り坂は苦手と言いますが、かなりの急斜面でないと結局人より早いです。 走って逃げようとはしないでください。

木の上に登るのは賭けになりますが、相手の気分次第ではどこかへ行ってくれるかもしれません。 下り坂と木の上の二択なら、まあ木の方がいくらかマシなんじゃないかと。でもクマは木登りが得意なことは覚えておきましょう。

クマと出会ってしまった時にやるべきこと

クマを見つめながらジリジリと下がりましょう。目をそらせば弱者だとバレてしまいます。 目を逸らさず、ゆっくり後退するのです。

次に地面にリュックや上着などの荷物を下に置いて、自然な速度で後退します。 クマは人の荷物を漁るのが大好きなので、興味を人から荷物へ移すことができます。

ある程度距離が空けば、目を離して少しだけ早歩きして逃げます。 「俺はお前に興味がないからもう行くぜ」とハッタリを見せながら立ち去ります。 そのままある程度の位置まで離れれば生還です。

本来クマは臆病で慎重な性格で、人間との出会いは向こうも想定外のことです。 お互い望まぬ出会いとならないよう心がけたいものです。

雑学王 HOME