アイアイは見た目が凄く怖く、地元では悪魔の使いと恐れられている

monkey

子供の頃、子供向け番組にアイアイを歌ったものがありました。 呑気な感じの歌で、子供心に「きっとかわいいサルなんだろうなあ」みたいなことを思ったのを覚えています。

でも実際のところは恐ろしい見た目で、地元では悪魔の使いと恐れられているほどなんです・・・

アイアイは見た目が怖く、現地では悪魔の使い扱い!

前述のアイアイのことを歌っているのは、みんなのうたの「アイアイ」という歌です。 聞いたことがなければ動画サイトなどで一度視聴しておくことをお勧めします。

歌詞をそのまま書くと怒られるので、その歌で歌われているアイアイの断片的な情報だけ列挙します。

アイアイは独特の生態系を持つことで定評のあるマダガスカル島の森林に生息しています。 アフリカ大陸の南東辺りにある島で、歌詞の通り南の島ですね。

そしてこのアイアイ、体以上の長さの尻尾と丸い目を持っています。 樹上に木の葉で巣を作り、日中はそこで休んでいます。 つまり何もかも歌詞の通りです。

それではアイアイは歌の雰囲気通りに可愛い呑気なお猿さんかというと全くそんなことはありません。 全身が黒い毛に覆われ、手は6本指で中指だけ飛びぬけて長く、その不気味な姿から地元では悪魔の使いとして恐れられています。

aye-aye

歌詞は間違っていない。間違っていないが・・・何かおかしい!
・・・と常々思っていたのですが、どうやら作詞家の方がアイアイのことを良く知らずに、聞いた特徴のみを頼りに歌詞を書いたためにこうなったそうですよ。

当時はネットなんて便利なものはないですし、遠く離れた島の動物がどんなものかは簡単には分からないでしょう。 現地で恐れられているなんて知りようもないので、こうなったのも仕方ないことだったのかもしれません。 中には割と可愛いアイアイもいますしね。

中指だけが異常に長いのは、果物の中身をほじくったり、木や穴の中の昆虫を探したりするためです。 体中の毛が黒いのは夜行性で周囲の景色に溶け込むためです。 どちらも生存競争の中で獲得した特性なので決して悪魔の使いという訳ではないのですが、夜中にアイアイとばったり出くわしたらやっぱり不気味ですよね・・・

雑学王 HOME