とてもユニークな404ページを持つウェブサイトの紹介

404

ウェブサイトの存在しないアドレスを表示しようとした場合、404ページが表示されます。 404ページをいちいち作らないサイトもあればきっちり作り込んでくるサイトもあったりと、力の入れ方は様々です。

そして中にはとてもユニークな404ページを作っているウェブサイトもあります。 いくつかピックアップして紹介しましょう。

404ページとは?

404

ウェブサイトの存在しないアドレスにアクセスした場合、404というエラーコードでNotFoundページが出ます。 主にリンク切れのリンクを踏んだり、URLを誤入力した場合などに見るページでしょう。 ネットをそれなりにやっていれば誰しも一度は見たことがあるページだと思います。

この404ページ、サイト側で用意することもできます。 そうすれば上の画像のような味気ないページではなく、ユーザに対して明確にメッセージを示すことができる訳です。 例えばうちのサイトであれば、以下のページを表示するようになっています。

本サイトの404ページ

この404ページは必要かと言われたらそうでもないです。 大抵は用意した404ページに飛んできてしまってもそのままブラウザバックされることが多いため、懇切丁寧に作っても機能を利用されるかはかなり怪しいです。

個人サイトなら用意しない人も多いですし、商用サイトでも基本的に淡々としたページの作りをしています。

しかし世の中には面白い404ページを用意したサイトもあるのです。 いくつか紹介しましょう。

面白い404ページのサイト

Développeur web sur Lille.

404 Développeur web sur Lille.

なんとこのサイト、404ページにアクセスするとゲームが始まります。 作りは単純なものですが、何が目的で作ったんでしょうね。

上から404人の人間が降ってくるので、クリックして助けましょう。 沢山助けることができるほどハイスコアです。ツールの力なしで404人助けるのは不可能だと思いますが、全員助けると何かいいことあるんでしょうか?

プラチナゲームズ

404 プラチナゲームズ

ゲームサイトであるためか、このサイトもゲームが始まります。 内容は単純ですが、グラフィックは割と気合入れて作っているように見受けられます。

SPACEキーでジャンプ、エンターキーで攻撃です。 地面の敵を優先的に処理した方がハイスコアを狙えるでしょう。

サクラクレパス

404 サクラクレパス

クレパスで有名なサクラクレパス社です。 ただの404ページかと思いきや、消しゴム「フォームイレーザー」の宣伝ページにもなっています。商魂たくましいですね。

dilbert.com

404 dilbert.com

IT業従事者の面白おかしい、しかしリアルで笑えない日常を描いた漫画「dilbert」のサイトです。 404ページにも漫画を入れてくる辺りは、この漫画の芸風らしい感じがします。

WWFジャパン

404 WWFジャパン

世界中で活動している環境保全団体「WWF」のサイトです。 404ページには絶滅動物が表示され、悲しい気持ちになってしまいます。

いくつかバリエーションがあるので、更新して確認してみましょう。

・・・

見て貰えるかも分からない404ページを気合入れて作るって発想が凄いですね。 しかし様々なサイトから「面白い404ページ」としてサイトを宣伝して貰えることを考えると、案外効果があるんでしょうか。

遊び心のあるウェブサイトは見ていて面白いですね。 しかし分かっていてアクセスすると面白いですが、本当に迷い込んだ時に困惑しそうな気がしなくもないです。

リンクを踏んだらいきなりゲームが始まったり商品の宣伝をされたりしたら「はあ?」と怒る人もいそうです。 この辺はサイトのメンテナンスをきっちりやっているからこそできる芸当なのでしょうか。

内部リンクがしょっちゅうかわって404を出す本サイトでは真似できそうにないです。

雑学王 HOME