カリフォルニアアシカ:黒い体の別名クロアシカ

zalophus-californianus
名称カリフォルニアアシカ (Zalophus californianus)
身体体長:220cm / 体重:280kg
生息地北アメリカの西海岸
食性肉食で魚、イカ、タコ、貝を食べる

カリフォルニアアシカの特徴

zalophus-californianus

カリフォルニアアシカは最も一般的なアシカで、別名クロアシカと言われています。 その名の通り黒っぽい体が特徴です。

アシカは4本の足がヒレのようになっていますが、陸上を立って移動することができます。 ちなみにアザラシはアシカと違い、前足を使って体を起こすことができません。

多くの時間を海で過ごし、時速20~30kmで泳いだり15分間300mもの潜水をしたりと泳ぎや潜水が得意です。

とても頭がよく、水族館ではアシカがショーで芸を披露する姿がよく見られます。 イルカと並んで水族館ショーの花形です。

かつては日本近海にもカリフォルニアアシカの亜種であるニホンアシカが生息していましたが、明治時代以降の乱獲で大きく数を減らし、今では絶滅したと考えられています。時々目撃情報が出ていますが、生き残りなのか他種が迷い込んだだけなのか・・・

カリフォルニアアシカの生態

zalophus-californianus

生息地

北アメリカ大陸の西海岸やその近海に生息しています。 オスと子たちはアメリカ大陸北部、メスたちはアメリカ大陸中部で群れで生活し、繁殖期になると中部に集まります。

普段の生活

普段は海で過ごし、水中の獲物を取って食べます。

肉食でサカナ、イカ、タコ、貝などを食べます。

繁殖と成長

5~7月に繁殖期を迎えるとオス同士がメスを巡って争い、1匹のオスと数匹~10匹程度のメスからなるハーレムを形成します。 争いといっても戦いというより喧嘩のようなレベルですが。

交尾すると11か月の妊娠期間を経て1子を出産します。

子は1年の授乳期間を経て独り立ちして4~5年で成熟します。 寿命は15年ほどです。

NatureEarth HOME