二ホンイノシシ:農家の敵

sus-scrofa-leucomystax
名称二ホンイノシシ (Sus scrofa leucomystax)
身体体長:1.2~1.5m / 尾長:30cm / 体重:80~180kg
生息地関東以西の森林部や草原
食性雑食で根菜類や小動物を食べる

二ホンイノシシの特徴

sus-scrofa-leucomystax

二ホンイノシシは日本でよく見られるイノシシです。 生命力がとても高く、人間を除けばこれといった天敵もいないためとても数が多いです。

二ホンイノシシは雑食性で、農作物荒らしとして害獣指定されています。 地中のエサを鋭い鼻で探しあてて食べる動物なので、農地は格好の餌場なのです。

イノシシは一定期間定住する習性を持っているので、一度目を付けられると何度もそこに足を運んできます。 多少対策した所で一度味を占めると無理やりにでも入ってくるので、そうなると対策も限られています。 イノシシの群れがくるともう最悪です。一晩で大量の農作物が食べられてしまいます。

またイノシシは泥を浴びて体の虫を落とす習性があるのですが、これを田んぼでされると田が駄目になります。 他にもゴミを荒らしたりと率直に言って害獣です。 基本的に狩猟は禁止されていますが、被害によっては自治体が駆除許可を出してくれます。

イノシシの子どもは可愛らしく小さい姿をしています。 つい餌をやってしまうこともあると思いますが、地域住民に迷惑なのでやめましょう。

二ホンイノシシの生態

生息地

関東以西の暖かい地域の森・林・草原に暮らしています。 オスは単独で行動しますが、メスは姉妹や家族などの群れでいることも多いです。

普段の生活

基本的に夜行性ですが、日中に行動することもあります。 縄張りは持たずに、一定の行動範囲内でエサを求めて徘徊します。 ある程度同じ場所で過ごすと、行動範囲を移すのも特徴です。

視力は人とあまり変わらず夜目もあまり利きませんが、その分聴覚と嗅覚に優れます。 鋭い嗅覚でエサを探し、特に地中のエサを掘り返して食べるのが得意です。

繁殖と成長

11月~1月ごろに交尾を行い、妊娠期間は120日ほどを経て春ごろに出産します。 草や枝でドーム状の簡易な巣を作りって出産を行い、1年に1回4~5頭の子を産みます。

生まれたての子は500g程度で「うりぼう」と呼ばれます。 子は1年半ほどで成熟し、寿命は10年ほどです。

NatureEarth HOME