アライグマ:食べ物を洗うの大好き

procyon-lotor
名称アライグマ (Procyon lotor)
身体体長:40~120cm / 尾長:20~40cm / 体重:4~10kg
生息地カナダ南部~中央アメリカ
食性雑食で何でも食べる

アライグマの特徴

procyon-lotor

アライグマと言えば、食べ物を水でよく洗うような仕草をしてから食べる姿が印象的です。 アライグマという名前もその仕草から名づけられたものです。

しかし食べ物を水で洗って食べる習性は確かにありますが、この仕草は洗うためではないとも言われています。 水場が近くになければ水がなくても手で洗うような仕草をすることから、この仕草は食べ物を手で確かめるためと考えられています。

アライグマはタヌキとよく似ていて混同されていますが、一番見分けやすいのは尻尾の模様です。 尻尾にシマシマの横線が入っているのがアライグマ、シマシマじゃないのがタヌキです。

procyon-lotor

アライグマの生態

procyon-lotor

生息地

主にカナダ南部~中央アメリカに生息してます。 元々は水辺の森林や茂みに生息していましたが、環境への適応力が高いので湿地・農耕地・都市の近くなどいろんな場所にいます。 木の洞や岩陰に巣を作ったり、他の動物の巣や人家の屋根裏を利用したりと様々です。

走るのも木登りも水泳も何でも得意。 エサも色々な場所で取るけど、特に器用な指先を活かして水中の獲物を狩ることが多い。 どんな環境だってたくましく生きていけます。

普段の生活

基本的には夜行性で、日中は巣や木の洞などで過ごしています。でも環境次第で昼間に活動する事も普通にあります。 エサや行動も環境によって変わり、行動範囲も場所次第で狭くなったり広くなったりします。

雑食性でザリガニ・ヘビ・トカゲ・カエル・サンショウウオ・魚・木の実・昆虫・動物の死骸・人間の残飯など何でも食べます。 前足が器用で、食べ物をつかんだまま二足歩行することもあります。

大体のアライグマは温暖な場所に生息していますが、北アメリカに住んでいるものは寒くなると冬ごもりします。 冬眠ほどではありませんが、じっとしていることで少ない食料で生きていけるんです。

繁殖と成長

春に3~6頭の子供を産み、メスが子育てします。 子育ては最初は木の洞などでしますが、子どもが成長すると木から降りていきます。 1~2歳で成熟しますが、野生での寿命は3~5年程度と短いです。 それでも世界中で大繁殖しているのは、環境適応力と繁殖能力の高さのおかげです。

愛らしい見た目が人気でいろんな国に持ち込まれましたが、この適応力の高さで大繁殖してしまって社会問題になったりもしています。いくら見た目が可愛くても近づけば攻撃してきますし、狂犬病など怖い病気を持っていることもあります。 もし見かけても安易に近づいてはいけません。

NatureEarth HOME