コノハムシ:木の葉そっくりの虫

phyllium-pulchrifolium
名称コノハムシ (Phyllium pulchrifolium)
身体体長:6~8cm
生息地東南アジアの森林
食性草食で葉を食べる

コノハムシの特徴

phyllium-pulchrifolium

コノハムシはまるで木の葉そっくりの姿をしていることが名前の由来です。 鳥や肉食昆虫などの天敵から身を隠すために木の葉そっくりの体をしています。

風が吹けば葉のように揺らめき、色まで周囲の葉っぱそっくりになる気合いの入りようです。 コノハムシ科の中でも本種は一番紛らわしい姿をしていると思います。 似すぎていて葉を食べにきた虫に齧られることもあるほどです。

見た目は虫に食べられた葉のような恰好ですが、コノハムシはまるで自分の格好のように一部だけ葉をかじって次の葉を食べます。 こうして周囲の葉は益々コノハムシと見分けが付かなくなっていくのです。

何と卵までまるで植物の種子のような形をしています。 アリが間違えて巣に持っていくこともあるとかなんとか。

日本の通常の環境では飼育できませんが、湿度と温度を保ったケースの中などであれば飼育も可能です。 扱いが難しいのでそこらのお店では売っていないようですが、ネットで検索すると通販している店もあるようです。
虫の割に結構いい値段してますけど、メスなら単体生殖が可能なので上手く育てれば代替わりでずっと飼い続けることも可能です。

コノハムシの生態

phyllium-pulchrifolium

生息地

東南アジアの森林に生息し、自分の体と似た葉を持つ木に止まって擬態します。

普段の生活

草食でカカオ、マンゴー、グァバなどの葉を食べます。

繁殖と成長

メス単体での生殖も可能で、成虫になると1月ほどで産卵します。 卵はまるで種子のような形をしていて、葉の上から飛ばします。

卵は3か月~1年で孵化し、幼虫は木に登って葉に取りつき、そこで成長していきます。 1齢~10齢で成虫となり、成虫期間は1~3か月ほど、トータルの寿命は1年~1年半ほどです。

NatureEarth HOME