コアラ:お腹の袋で子育て

phascolarctos-cinereus
名称コアラ (Phascolarctos cinereus)
身体体長:65~82cm / 体重:15kg
生息地オーストラリア南東部の熱帯雨林やユーカリ林など
食性草食でユーカリの葉を食べる

コアラの特徴

phascolarctos-cinereus

コアラはお腹の袋の中で子育てするのが特徴です。 メスはお腹にポケットを持っていて、この中に乳首が2つあります。

ポケットの入口は下向きに付いていますが、入口を筋肉で閉める事ができるから中の子供は落ちないようになっています。 なぜ逆向きになっているかというと、子が母親のうんちを食べるためなのです。

コアラが食べるユーカリには弱い毒があって、他の動物はあまり食べません。 コアラは体内に毒を分解できる微生物を持っているから食べられるのですが、赤子の体内にはその微生物がいません。 なので母親がいったんユーカリを食べて、毒性を弱めてうんちとして子供に食べさせます。 子もうんちを食べるうちに微生物を体内に取り入れて、ユーカリを食べられるようになります。

ちなみにユーカリは栄養が少ないし、毒はあるし、消化もしにくい、他の動物がほとんど食べないような代物です。 しかしそれゆえにコアラは餌に困る事なく、今日まで生き残れたのです。

コアラは全身が筋肉

コアラはのほほんとした外見とは裏腹に全身が筋肉の塊です。 ナマケモノと同じような生態でどちらも省エネ動物ですが、コアラの方が怠けていません。

そういえばコアラの握力は1tあるなんて話がありますが、これは流石にデマでしょう。 チンパンジーの強めのオスで600kg、ゴリラで1tですがこの辺に勝てるとは到底思えません。 そもそもコアラの小さい手でどうやって計ったんでしょうか?

コアラの生態

phascolarctos-cinereus

生息地

オーストラリア南東部の熱帯雨林やユーカリ林などに生息しています。 通常は単独で生活していますが、繁殖期にはつがいで生活します。

手足は5本指で、木に引っかけやすい鋭い爪を持っています。 手足は木の枝をつかみやすい形をしていて、樹上生活しやすい体です。 また尻尾が退化しており存在しません。

普段の生活

ユーカリにはあまり栄養はないから、コアラはエネルギーを節約するためにあまり動きません。 1日20時間は寝て過ごしています。

繁殖と成長

8~2月頃が繁殖期で、1月程度の妊娠期間を経て、1年に1子を産みます。 子は半年ほどでお腹の袋から出て、それから3か月ほどは母の背中で過ごします。 1年半ほどで独り立ちし、2~3年で成熟します。 寿命は15年ほどです。

NatureEarth HOME