インドクジャク:羽が大きく綺麗なほどモテる

pavo-cristatus
名称インドクジャク (Pavo cristatus)
身体体長:200~230cm / 尾長:50cm / 体重:6kg メスは一回り小さい
生息地インドの森林地帯や草原など
食性雑食で葉、果実、小動物、昆虫などを食べる

インドクジャクの特徴

pavo-cristatus

クジャクと言えば美しく大きな羽が特徴です。 この羽はオスだけが持ち、開けると高さ2m幅3mもの巨大な扇となり壮観です。

羽は生活にはあまり役に立っていないのですが、美しく大きい羽の方がメスにモテることは確かです。 これは「邪魔で大きな目立つ羽を持っていても生存できる強さ」を持っていることが遺伝子的にアピールできると考えられています。

天敵にインドの大型ネコ科であるトラやヒョウがいるのですが、このでかい羽が目立って相手からすぐに見つかってしまいます。 見つかったら広げる用の羽とは「別の」翼をバタつかせて木の上に逃げるのですが、あまり飛ぶことは得意ではありません。

肉食動物の良い的になっている上に飛ぶのにも使えない邪魔な羽ですが、肉食獣から隠れるのに向いた小さな羽ではメスにモテずに子孫が残せません。 モテるクジャクとは立派な羽を持ち、肉食獣によく襲われながらも生き残っている強い個体なのです。

ちなみにこの「一見ハンデでしかない代物を見せびらかすことがアピールに繋がる」ことを「ハンディキャップ理論」と言い、この説明にクジャクの羽がよく用いられます。

羽は毎年生え変わり、繁殖期の4~6月が最も美しく生えそろっており、繁殖期が終わると抜け落ちてしまいます。 羽を開ける時間は朝方と夕方で暑い昼間は閉じているので、羽を広げたクジャクを見たい方は時期と時間帯を狙っていきましょう。

インドクジャクの生態

pavo-cristatus

生息地

インドクジャクはインドの森林地帯や草原などに小規模な群れで生活しています。

普段の生活

昼行性で日中にエサを探します。雑食で、葉・果実・種子などの植物や昆虫・トカゲ・ヘビなどの小動物などを食べます。 夜は樹上で休みます。あまり飛ぶのは得意ではありませんが、浮かび上がるぐらいはできるのです。

繁殖と成長

4~6月頃に繁殖期を迎えます。 オスは鳴き声と大きな羽でメスに求愛し、メスは草陰に掘った巣に4~8個の卵を産みます。 1か月ほどの抱卵を経て卵が孵化し、メスが子育てを行います。

2~3年ほどで成熟し、寿命は15年ほどです。

NatureEarth HOME