シジュウカラ:腹の黒い線が太いほどモテる

parus-minor
名称シジュウカラ (Parus minor)
身体体長:15cm / 翼開長:24cm / 体重:20g
生息地東アジア・ロシアの森林
食性雑食で種子・果実や昆虫などを食べる

シジュウカラの特徴

parus-minor

毛の色は頭は黒っぽく、背中は青みがかって、腹は灰色です。 首周りと腹に黒い線がネクタイのように入っており「黒ネクタイ」と呼ばれています。

これが太いものがオス、細いものがメスなのですが、オスはこの線が太ければ太いほどモテるそうですよ。

沢山食べることで知られており、庭に来ると虫が目に見えて減ります。 なんとコウモリを捕食することもあるようです。

自然が豊かな街では公園や人家にも来ることがあり、人をあまり恐れません。 身近な野鳥であり、バードウォッチングの対象としても一般的です。

シジュウカラの生態

parus-minor

生息地

東ロシア・東アジアなどに生息しており、主に森林を中心に生活しています。 しかし自然が点在していれば都市でも見かけることができます。

暖かい時期には家族で行動し、秋頃になると群れを作ります。

普段の生活

日中に採食し、夜は木に留まって休みます。 肉食寄りの雑食であり、昆虫、種子、果実などを食べます。 暖かい時期には肉食中心ですが、昆虫の少ない冬には草食中心になるようです。

繁殖と成長

4月頃に繁殖期を迎えると樹の穴に営巣し、8~10個ほど産卵します。 2週間の抱卵を経て孵化し、3週間の子育て期間を経て独立します。

子は1年で成熟し、寿命は2~3年ほどです。

NatureEarth HOME