ライオン:百獣の王

panthera-leo
名称ライオン (Panthera leo)
身体オスは体長:180~250cm / 尾長:90~100cm / 体重:120~200kg
メスはオスより一回り小さい
生息地アフリカ大陸の砂漠以南
食性肉食で大型の動物を狩って食べる

ライオンの特徴

panthera-leo

最強の動物は何かと言われたとき、ライオンを思い浮かべる人は多いでしょう。 百獣の王の名に違わぬ、強靭な肉体を持っています。

特に印象的なのがオスのタテガミです。 これは急所である首の保護と、メスへのアピールになっているんですよ。

基本的に群れで行動して、狩りも4~5頭で連携して行います。 周りが追い込んで、仕留め役が狩るのが通常の狩りのスタイルです。

トップスピードは時速80kmにもおよび、飛びかかって攻撃します。 小型の動物なら前足の一撃で仕留め、相手が大型でも複数で飛びかかって絞め落とします。 狩りの成功率は2~3割程度ですが、逃げられることは多くても撃退されることはほとんどありません。 正に百獣の王と呼ばれるのにふさわしい動物でしょう。

ちなみにライオンって強いことは強いですが、1対1では最強ってほどではないです。 ゾウ・サイ・カバ・キリンやらの強力な動物はよほど飢えていなければ基本襲いませんし、結構返り討ちに合ってます。ネコ科としてもトラの方が大きくて強いんじゃないですかね。 トラとライオンは生息域も生活場所も違うから断言はできませんが。

オスはメスに食べさせてもらっている?

ライオンの群れは1頭のオスに複数のメスと子どもたちで構成されています。この群れをプライドと言います。 プライドには複数のオスがいることもありますが、これはプライド同士が連合しているためです。

オスは狩りにあまり参加せず、メスが取ってきた獲物を食べさせてもらうわ、日に何十回も交尾するわ、1日20時間ぐらい寝るわのうらやましい生活をしています。 まるでヒモですね。

しかしこのオスライオン、だらだら生きていける訳ではありません。 他のライオンやハイエナなどと縄張りがぶつかって戦ったり、縄張りを乗っ取ろうとするオスと戦ったりで大変です。 怪我や老いで力が衰えていき、いずれは負けて群れを追い出されます。

一旦プライドを追い出されると、元の生活に戻るには群れを乗っ取らなくてはなりせん。 できなければ放浪した先に死が待っているだけです。オスライオンは決して気楽な生活ではないのです。

ライオンの生態

panthera-leo

生息地

アフリカの草原や低木林地などの開けた場所に生息しています。 250㎢ほどの縄張りに1~数頭のオスと複数のメスと子ライオンたちで生活しています。

普段の生活

夜行性で、日中は基本的にだらだら過ごします。 夕方になると動き出し、夜になると狩りが始まります。

狩りは主にメスが複数で行い、シカやシマウマなどをチームで追い込んで狩ります。 たまに一人で狩りをしたり、他の動物のエサを横取りしたりもします。 ハイエナのエサを横取りする、いわゆる「ハイエナのハイエナ」もよくあることです。

繁殖と成長

年中子どもを産むことができ、出産の時期になるとメスは一時的にプライドから離れて出産します。 それから2か月ほど子育てをしてから子と一緒にプライドに戻ります。

子は3~4年で成熟し、オスの子供はプライドを追い出されます。 そこからオスは放浪して力を蓄え、いずれ他のプライドを乗っ取るために挑戦します。 ライオンの天敵はライオンとも言えます。

こうして百獣の王はより強く優れた遺伝子を残していくのです。

NatureEarth HOME