ミサゴ:魚を取るのが上手で別名「魚鷹」

Pandion haliaetus
名称ミサゴ (Pandion haliaetus)
身体体長:60cm
生息地世界中に広く生息く
食性肉食

ミサゴの特徴

Pandion haliaetus

ミサゴは世界中に広く生息する鷹で日本各地にも生息しています。 魚を主食としており、水中の魚を見事に捕まえるので「魚鷹」とも呼ばれます。

上空数十メートルの高さでホバリングしながら獲物を狙い定め、魚を見つけると急降下して水中の魚をがっしり捕まえて飛び立ちます。 樹上などの安全な場所へ移動した後、ゆっくりと獲物を食べます。

ミサゴは英語で「オスプレイ」とも呼ばれます。 オスプレイと言えばアメリカの垂直離着陸機が思い浮かびますが、元々はミサゴのようなホバリング飛行をすることから付いた愛称です。

ミサゴの生態

Pandion haliaetus

生息地

世界中の南北極周辺を除く広い範囲に生息しています。 寒さが厳しい場所では夏鳥として渡るものもあり、日本でも北海道にいるものは冬になると南下します。

主に魚を食べるため、海岸や川沿いの近くで生活しています。

普段の生活

肉食でエサのほとんどが魚ですが、他にも爬虫類や鳥などを食べることがごく稀にあります。 それぐらい魚ばかりを食べています。

ここまで行くと逆に魚を食べなかった時は何があったのか気になります。 魚がよほどいなかったのか、気まぐれで食べただけなのか・・

繁殖と成長

卵生で5~7月に繁殖を迎え、岩場や樹上に営巣します。 一度に2~3個の卵を産み、1か月の抱卵期間を経て孵化します。

子は2か月の子育て期間を経て巣立ち、更に1~2か月後に独立します。 3年で成熟して寿命は30年と長生きです。

NatureEarth HOME