動物よもやま話:胎生と卵生

egg

動物には赤ちゃんを産む胎生のものと卵を産む卵生のものがいます。 「哺乳類だから胎生、そうでなければ卵生でそういうもんなんだ」といえば通りなのですが、同じ胎生・卵生を見比べても動物ごとに様々な形態ですし、中には変わった習性を持つものもいます。

卵生と胎生のメリット・デメリットを見比べつつ、もう少し掘り下げて見てみましょう。

胎生と卵生

卵生は卵ですが、実は卵生も胎内で卵を形成します。 胎内で形成した卵を卵の状態のまま出産するのが卵生、胎内で栄養を与えて育て孵化させてから出産するのが胎生です。

卵生と胎生の中間の卵胎生なんて形態もあります。 卵胎生は胎生のように体内で卵を孵化させてから出産するのですが、母体から栄養を与えている訳ではない=体内で卵を温めているだけなのが胎生との違いです。 卵生が胎生に進化する途上の形態なんて言われています。

ほとんどの哺乳類が胎生で、残りのほとんどの動物が卵生です。 卵胎生の動物や、カモノハシやアブラムシなどの例外もあるにはありますがごくごく少数の例外的存在と言えます。

胎生と卵生の戦略

胎生と卵生にはそれぞれメリットとデメリットがあります。 それぞれの生存戦略を一言で言えば、卵生は「多産多死」で胎生は「少産少死」です。 あくまで傾向ですので少数の卵しか産まない卵生動物や、多数の子を産む胎生動物もいますけどね。

卵生は未熟な卵の状態で母体から排出するので、母体への影響は少なく沢山産むことができます。 しかし卵の状態は赤子以上に無防備であるため、捕食者に食べられるなどで全ての卵が孵化までこぎつける訳ではありません。 また孵化できたとしても卵にある栄養で成長できるサイズに限定されて産まれることになり総じて未熟です。

対して胎生は母体にかかる負担が大きく、母親は臨月が近づくと普段通りに動けなくなる上に多くの栄養を必要とします。 またある程度成長した子を胎内に入れておくため、あまり多くの子を一度に産めません。 しかし子が最も弱い卵の時期に襲われることがなく、また母体の栄養で育つためある程度成長した状態で産むことができます。

さてそれでは卵生と胎生どちらがいいのかというと、その動物の強さが一つの指標になります。

「捕食者に見つかる=死」のような動物は胎生で悠長に育てていると母体が食べられて終わったり、せっかく成長させて出産しても危険度が大して変わらなかったりします。 これなら大量に卵を産んで数で勝負した方がいいですね。

強い動物であれば、成長や教育が生存率を高めることに繋がります。 ある程度大きくなれば生存率が飛躍的に高まるのに、生存率の低い卵で産むのは無駄ですよね。 卵を沢山産むことにエネルギーを使うよりも、少数の子どもでもきっちり育てられる胎生の方が向いています。

もっとも動物自身が卵生/胎生を選択できる訳ではないですけどね。 ある程度は淘汰で洗練されているものの、現状たまたまこうなっているだけという面も強いです。 ダチョウは胎生でもいいんじゃないかとか、ネズミは卵生の方が向いているんじゃないかとか考えてみるのも面白いかもしれません。

ちなみに子が成体となって繁殖まで辿りつけるのは、卵生・胎生・産む子の数に関係なく2匹前後と言われています。 2匹を上回れば個体数が増えますし、下回れば個体数は減りますからね。それほど数に変化がなければ2匹という訳です。

NatureEarth HOME