シャチ:大海の覇者

orcinus-orca
名称シャチ (Orcinus orca)
身体体長:5~7m / 体重:1.5~5.5t
生息地世界中の海
食性肉食で中型~大型の動物を食べる

シャチの特徴

orcinus-orca

海で恐ろしい生物と言われて一番最初に思い浮かぶのはサメです。 しかしそのサメをエサにしている動物がシャチです。

シャチは英名を「Killer Whale (クジラの殺し屋)」と言います。 クジラやサメを日常的に倒してエサにする、恐ろしい生物なのです。 大きいものは10m近くあり、脊椎動物なので骨がしっかり通っていて頑丈です。

それが群れで活動しており、大海の覇者の名を欲しいままにしています。 天敵は人間のみで、海の食物連鎖の頂点です。

サメ以上に大型のものが多いですが、同じ体格でもシャチとサメがぶつかった場合サメが死にます。 サメは顎と歯以外は軟骨で、シャチから見ると雑魚なのです。

そんな強大で獰猛な海の最強生物ですが、水族館でイルカのように飼育されることもあります。 社会性があり知能も高いので、芸を仕込むことだって可能なんです。

日本の水族館にもいるので、見に行ってみるのも面白いかもしれませんね。 サメやクジラをエサにしてるとはとても思えない社交的な姿を見せてくれるでしょう。

シャチの生態

orcinus-orca

生息地

世界中の海に生息しています。 数十頭の群れで行動し、高度な社会性を持ち合わせています。

海の食物連鎖の頂点にいる生物で、人を除けば天敵は存在しません。

普段の生活

エサを求めて泳ぎ回ります。 時速50~70kmものスピードで広い範囲でエサを探します。

肉食で魚・鳥・ペンギン、アザラシ・アシカ、サメ・クジラと、中型~大型の動物を捕食します。 クジラなどの手ごわい相手には集団で襲いかかり、奇襲や挟み撃ちなどの高度な戦術も使います。

大型の獲物に対しては、集団で狩りをして獲物を分け合います。 社会性の高いシャチならではの形態ですね。

繁殖と成長

決まった繁殖期は持たず、45日ほどの繁殖周期を持ちます。 妊娠すると1年半ほどの妊娠期間を経て1子を出産します。

子は2年ほど授乳しながら育ち、6~10年で成熟します。 寿命は30年ほどですが、80年生きた個体もいます。

NatureEarth HOME