オカメインコ:そり立った冠羽が特徴のインコ

n-hollandicus
名称オカメインコ (N.hollandicus)
身体体長:30~35cm
生息地オーストラリア内陸の森林
食性草食寄りの雑食で種子、花、昆虫などを食べる

オカメインコの特徴

n-hollandicus

オカメインコは逆立った冠羽が特徴のオウムです。 赤いほっぺたがまるでオカメのように見えるのが名前の由来です。

実はオカメインコはインコと名前が付いていますが、インコ科ではなくオウム科に属しています。 オカメインコはオウム科では最小サイズで、まるでインコのようです。 インコみたいに小さいからインコと名付けられたんですかね?

オカメインコは感情の変化により冠羽の姿を変えます。 リラックスしていれば羽を寝かせ、何かに注意を払うときは少し羽を起こし、驚いた時や興奮した時には冠羽を大きく開きます。

鳥にしては感情表現が豊かで、冠羽や仕草から考えることが見て取れます。 穏やかな性格で頭が良く人にもよく懐くため、コンパニオンバードとして人気が高いです。

本来は群れで生活している鳥なので、甘えん坊で孤独に弱い面があります。 またやや神経質な面があり、ちょっとした刺激で冠羽を立ててパニックになることも多いです。 飼育の際には多頭飼いするか、または一緒にいる時間を長く取るかした方がいいでしょう。

オカメインコの生態

n-hollandicus

生息地

オーストラリア内陸部の森林に生息しています。 普段は群れで生活し、繁殖期にはつがいで子育てを行います。

普段の生活

昼行性で日中に採食し、夜は木の上などで休みます。 草食寄りの雑食で主に種子を食べる他、花、樹皮、草、昆虫なども食べます。

繁殖と成長

卵生で春と秋の年2回繁殖期を迎えます。 繁殖期になると営巣し、つがいで協力して子育てを行います。

1シーズンに4~8個の卵を産み、3週間の抱卵期間の後に孵化します。 子は2か月ほどの子育て期間の後に独立します。

1年で成熟し、寿命は15~20年ほどです。

NatureEarth HOME