スカンク:強力なオナラで危険を回避

mephitis
名称名称 (Mephitis)
身体体長:40~70cm / 体重:3kg
生息地アメリカ大陸に広く生息
食性雑食で何でも食べる

スカンクの特徴

mephitis

スカンクと言えば臭いオナラを出すことで有名です。 危険を感じると、尻尾を上げて肛門にある臭線から液状のオナラを噴霧します。

オナラはものが数m先まで飛び、その臭いは1km離れていても届くほど強烈です。 直接浴びると人間なら気絶するレベルで、3日は臭いが取れません。 目に入ったら失明する危険もあります。

スカンクは夜行性なので、捕食者は嗅覚に依存する割合が高くなります。 しかしこのオナラをやられると、臭すぎて追うのが難しくなる訳ですね。

しかし常にオナラを打ち続けられる訳ではなく、一度出してしまうと数週間は再噴射できません。 オナラはいざという時に使う最後の手段なのです。 なのでオナラをする前に逆立ちするなどして警告し、それでも相手が引かなかった場合に撃ちます。

スカンクの縞模様は警戒色で、近づけばただでは済まないことを知らしめています。 その強力なオナラのおかげで体の大きさの割に天敵が少ないです。

でもワシやフクロウなど猛禽類には弱いです。 鳥は基本的に嗅覚が弱く、頭上から襲ってくるのでオナラを直接浴びせるのも難しいのです。

スカンクの生態

生息地

mephitis

スカンクはアメリカ大陸に広く生息しています。 中には人家にこっそり住んでいるものも沢山います。

普段の生活

夜になると出かけて、鋭い嗅覚でエサを探します。 嗅覚が鋭い反面、目はあまり良くありません。 雑食性で小動物、昆虫、果物などなんでも食べます。

繁殖と成長

2月頃に交尾し、5月~6月ごろに出産します。 1産3~10子で、産むと子育てが始まります。 子は1年で成熟し、10年ほど生きます。

NatureEarth HOME