アカカンガルー:お腹の袋で子育て

macropus-rufus
名称アカカンガルー (Macropus rufus)
身体オスの体長:140~160cm / 尾長:90~100cm / 体重:80~90kg
メスは一回り小さい
生息地オーストラリアの草原や低木林地
食性草食でイネなどの草を食べる

アカカンガルーの特徴

macropus-rufus

アカカンガルーは赤みを帯びた毛色が特徴のカンガルーです。

カンガルーといえばお腹の袋での子育てが有名です。 体長1cm体重2gのとても小さい子を一頭産み、子は母親をのぼって袋に入ってその中で半年ほど生活します。

おっぱいも袋の中にあるから、中でお乳を飲むことができます。 成長すると徐々に袋からはみだしてそのうち外を歩くようになりますが、危険を感じるとまた袋に飛び込んだりします。

強力な身体能力のアカカンガルー

カンガルーはオーストラリア大陸外では珍しい、お腹に袋を持つ有袋動物です。 一口にカンガルーと言っても25cm程度の小型種から160cmを超える大型のものまで様々ですが、代表的なカンガルーと言える種がアカカンガルーです。

アカカンガルーは有袋類最大の種で、オスは体長160cmほどになります。 またオスは胸から出る分泌物で体毛が赤褐色になるのも特徴です。

カンガルーは身体能力がとても高く、時速70kmで走り一度の跳躍で10mジャンプすることができます。 尻尾も強力で、一時的になら尻尾だけで体を支えることもできます。 カンガルー同士の戦いでは尻尾で体を支えて4本の手足をフルに使って相手を殴ったり蹴ったりするのです。

アカカンガルーの生態

生息地

オーストラリアの草原や低木林地に生息しています。 普段は草原や低木林地で数十~100頭もの群れで生活しています。

普段の生活

日の出直後や夕暮れに活発に活動し、日中は日陰でゆっくりしていることが多いです。

草を食べて生活しているため、家畜を育てる邪魔になり人との折り合いが悪いです。 害獣として駆除されることもありますが、生存能力が高いためか数が減らないみたいです。 動物園などで人間がカンガルーを飼育するとすぐに増えます。

繁殖と成長

決まった繁殖期はなく、30~40日の妊娠期間を経て出産します。 1産1子で、子は母親の袋の中で半年ほど生活します。

1年半~2年程度で成熟します。寿命は10年ほどです。

NatureEarth HOME