アフリカゾウ:最大最強の陸上動物

loxodonta-africana
名称名称 (Loxodonta africana)
身体体長:6~7.5m / 体高:4m / 体重:3.5t~10t
生息地アフリカの草原や森林
食性草食で草や根を食べる

アフリカゾウの特徴

loxodonta-africana

アフリカゾウは大型のもので体長7.5m、体高4m、体重10tにも及ぶ世界最大の陸上動物です。 ゾウの次に大きいとされるサイ科と比べても、その体重は2倍以上にもなります。

この巨体自体が武器であり、陸上最強の生物の呼び声も高いです。 百獣の王ライオンですら成体のアフリカゾウには手を出せません。 子どものアフリカゾウに襲い掛かって、母ゾウに踏みつぶされて死ぬこともあります。

性格も他のゾウに比べて荒っぽく、相手がライオンだろうがトラだろうがお構いなしです。 成体同士比べると体重が数十倍は違いますからね。子どもと大人どころの差ではありません。

産まれたばかりの子どもですら体重が100kgあり、成体は一日に200kg以上もの食事をします。 世界最大の陸上動物に相応しいスケールです。

長い鼻

ゾウと言えば長い鼻が特徴です。 これは上唇と鼻が伸びた筋肉の塊で、中に骨はありません。

ゾウは鼻を大変器用に使うことができ、ピーナツを割らずに掴んだり、水を鼻に吸い込んで口まで運んだり、1t以上の重さのものを持ち上げたりできます。また嗅覚も優れ、その性能は犬の鼻よりも上と言われています。

大変便利なゾウの鼻ですが、ゾウの祖先はこんな長い鼻を持っておらず、体も今よりずっと小さいものでした。 進化の過程で大きな体を獲得し、日々消耗するエネルギーを低く抑えるために鼻が長くなったと考えられています。

アフリカゾウの体格で鼻が短ければ、草を食べる時や水を飲む時に体全体を動かさなければなりません。 体が大きい分ちょっとした動作でも膨大なエネルギーを消費してしまい、いくら食べても足りなくなってしまいます。 しかし長い鼻によって、鼻だけ動かして少ないエネルギーで飲食ができるのです。 その便利な鼻を使ってなお、1日15時間ご飯食べてやっと体を維持してるんですけどね。

アフリカゾウの生態

loxodonta-africana

生息地

アフリカの草原や森林に生息しています。 メスはメス同士家族で群れを作り、オスは単独または若いオス同士で暮らします。

普段の生活

1日の多くを食事に費やします。 長い鼻で草・葉・果実などを取って食べたり、長い牙で土を掘って値を食べたりします。 大量のエサや水が必要であるため、睡眠時間は短く、広い範囲を歩き回ります。

繁殖と成長

決まった繁殖期はありませんが、雨季に出産できるように交尾するものが多いです。 地域で優位のオスのみが交尾を行い、5~6か月の妊娠期間を経て1子を出産します。

子は2~3年ほど授乳し、8年ほどで独立し、10年ほどで成熟します。 寿命は60~80年と非常に長生きです。

NatureEarth HOME