カバ: 実は獰猛で危険な猛獣

hippopotamus-amphibius
名称カバ (Hippopotamus amphibius)
身体体長:3~4m / 肩高1.2~1.7m / 体重:1~2.5t
生息地アフリカ赤道付近の淡水域
食性草食で草原の草などを食べる

カバの特徴

hippopotamus-amphibius

顔の上の方に眼、鼻、耳が付いているのが特徴で、水中に潜んでも顔の上だけ出して周囲を見張ることができます。 鼻は自在に閉じる事ができ潜水が得意。5分以上水に潜ったまま行動することもあります。

足にはみずかきが付いていて、エサを食べる時以外は水中で生活します。 天敵といえば陸上に上がった時のライオンぐらいで、水中では無敵です。

陸上ではゾウの次に大きい大型動物で、実はイルカやクジラと同じ鯨偶蹄目に属しています。 5000万年前の祖先は同じで、海で進化したのがクジラ、陸で進化したのがカバです。 陸とはいっても水中にいることが多いですがね。

実は非常に獰猛

hippopotamus-amphibius

カバは草食で一見のんきに見えるけれど、実は非常に獰猛な動物です。 大口を開けるのは実はあくびではなく威嚇です。

口を大きく150°開くことができて、長い牙のような門歯と犬歯が生えています。 縄張り争いや戦いの時にはこの歯を使って相手を切り裂きます。 うかつに縄張りを侵せばライオンだって危険です。

実はアフリカで人間を最も多く殺してる動物はカバ。 とにかく危ないから近づくのは危険です。 足は短く陸上動物としては遅いけれど、それでも時速40kmで走るから、人がいくら頑張って走っても逃げきれません。

表面に流れる赤い汁は血ではない

カバは体の表面に赤い汗のようなものが流れています。 「血の汗」だとか「殺した獲物の返り血」だとか言いますが違います。

これは皮膚を守るための分泌物で、日光浴の際に保湿と日焼け止めとして分泌されます。 殺菌作用もあるため、戦って傷ついた身体を細菌から守る効果もあります。

カバの生態

生息地

アフリカ赤道付近の淡水域に生息しています。

10~20頭の群れで行動して、縄張りを主張するためうんちを出すときに尻尾でまき散らします。 縄張りに侵入すると襲い掛かってくるので近づいてはなりません。

普段の生活

夜行性で日中は水中や水辺で過ごしています。 夜になると食事のために陸に上がり、ゾロゾロ移動して草を食べます。

繁殖と成長

乾季に活動をして雨季に出産するものが多いです。 基本的に1産1子です。

交尾や出産も水中で行い、子は4~5歳で成熟します。寿命は30~40年ほどです。

NatureEarth HOME