キリン:長い首と長い脚

giraffa-camelopardalis
名称キリン (Giraffa camelopardalis)
身体体高:5~5.5m / 体重:1t
生息地アフリカのサバンナ
食性草食で木の葉を食べる

キリンの特徴

giraffa-camelopardalis

キリンは最も背が高い動物で、長い首が特徴です。 舌も長く伸びるので、他の動物が食べられないような高所の葉でも楽々食べることができます。 生まれたての子どもですら2mの高所にある葉を食べることができます。

視界が300°近くあり、高所にある目もあいまって危険を察知する能力がとても高いです。 キリンを見て危険を判断する動物がいるほどで、キリンが逃げるとみんな逃げます。

ちなみにこのキリン、ながーい首の先にある脳にまで血を届かせるためにとても血圧が高いです。 もし人間並みの血圧しかなかった場合、首の真ん中あたりまでしか血が届かずに貧血で倒れてしまいますからね。 その数値は260mmHgと人間の倍以上の血圧を持っています。

キリンの祖先は森林で暮らしている「オカピ」ですが、そちらは首が長くありません。 オカピが草原に出てきて高所の葉を食べられるように進化したのがキリンと言われています。

この長い首には当然骨があるのですが、実は7つしかありません。哺乳類は首の骨はみんな7つで、キリンもその例外ではないのです。 とは言っても1つ1つの首の骨が人間の頭蓋骨より大きいのですけどね。

ちなみにキリンという名前は中国の想像上の生物「麒麟」から取って名付けられました。 麒麟の言い伝えられる特徴はキリンの特徴とよく似ており、案外実物が伝説になったのかもしれません。

意外に強い動物

体の大きさは強さに繋がり、大きな体を持つキリンもその御多分に漏れず強力な動物です。 ライオンでもよほど飢えていない限りは積極的に手を出しません。

ライオンなどの捕食者に襲われると基本的に逃げます。 時速50kmものスピードで長時間走ることができるので、一旦離されると肉食獣は追いつけません。 その走りは前足2本と後ろ足2本を交互に出す走り方で、動物としてはかなり珍しい走法です。

しかしキリンはトップスピードになるまでに時間がかかり、その隙に襲われることもあります。 そんな時は強力なキックで反撃するのですが、これはライオンを蹴り殺すこともあるぐらい強力です。

またキリンはオス同士で争うことがあり、そんな時は首をぶつけ合って喧嘩します。 キリンは背が高すぎるから他の動物には使えない手 (首)ですが、キリン同士ならこんな戦いになるのです。

ちなみに頭に角が生えていますが、特に使い道はありません。

キリンの生態

giraffa-camelopardalis

生息地

キリンはアフリカのサバンナに10頭以下の群れで生息しています。 葉に含まれる水分だけでもなんとか生きていけるので、他の動物のように乾季-雨季でサバンナを移動しないのも特徴です。

普段の生活

長い首と舌を使って高所の葉を食べて生活します。 顔を地面に付けることもでき、水を飲むときは前足を広げて体高を下げて地面に顔を届かせます。

寝る時は立ったまま眠り、1日に計1時間半ぐらい寝ています。 ただ飼育下の安全な場所であれば座って寝るようです。

繁殖と成長

キリンは発情期がなく、2週間に1度ほどの周期で発情します。 妊娠期間は15か月ほどで、1回1頭の子を産みます。 子は1年ほど授乳して育ち、4~5年で成熟します。寿命は20年ほどです。

ちなみに日本ではキリンをペットとして飼うことができます。 飼いたい気持ちと、飼えるだけの財力があればの話ですが・・・

NatureEarth HOME