アジアゾウ:荷物の運搬係として使われることもあります

elephas-maximus
名称インドゾウ (Elephas maximus indicus)
身体体長:5.5~6.5m / 体重:2500~5500kg
生息地アジアの一部森林など
食性草食で草、葉、果実などを食べる

アジアゾウの特徴

elephas-maximus

アジアゾウはインド、インドネシア、カンボジア、スリランカ、タイ、中華人民共和国、ネパール、バングラデシュ、マレーシア、ミャンマー、ラオスなどアジアの様々な国に生息しています。

ゾウの特徴はその長い鼻ですが、これは鼻と上唇が一体化したものです。 鼻は筋肉の塊で、重いものを持ち上げたり、争いの際に叩きつけたり、ピーナッツを割らずに持ったりと様々なことができます。 嗅覚も優れており、犬よりも匂いをかぐ能力に優れます。

ゾウの鼻はエネルギーの節約にも有用です。 もし鼻が短ければ何かするときにいちいち体全体を動かさなければなりません。 そして体が大きく少し動くだけで莫大なエネルギーを使うゾウにとって、それは死活問題となります。 しかし鼻が長いおかげで、鼻だけ動かして食事したり水を飲んだりできるのです。

アジアゾウとアフリカゾウは耳の形と大きさで見分けることができます。 アフリカゾウが大きく三角形の耳なのに対して、アジアゾウは小さい三角形の耳を持ちます。 他にも牙が短い、頭が山形、背中が丸い、前足の蹄が5つあるなど違いが色々あります。

アジアゾウの体の大きさはアフリカゾウほどではありませんが、その大きさは他種の追随を許さず世界2位です。 その巨体で単純に強く、トラなどの危険な肉食動物も成体のインドゾウにはまず勝てません。

アフリカゾウに比べて気性が柔和で、家畜として飼われることもあります。 車が入り込めないような荒れた道や水場も通ることができるため、荷物運びとして現在も重宝されています。 サーカスのゾウも飼育が比較的簡単なアジアゾウであることが多いです。

アジアゾウの生態

elephas-maximus

生息地

アジア諸国の一部森林地帯に生息します。 メスと子どもで10~20頭程度の群れを形成し、発情期にはオスも群れに加わります。

普段の生活

昼行性ですが暑い日中は木陰で休み、主に朝夕涼しい時間に10km~30kmの範囲で採食します。 草食ですが巨大な体を保つために1日150kgの食べ物が必要で、草、葉、樹皮、根、果実など様々な植物を食べます。

繁殖と成長

およそ22日周期で発情期を迎え、妊娠すると18か月ほどの妊娠期間を経て1子を産みます。 子は2年ほど授乳し、群れに守られながら成長します。

オスは6年ほどで成熟すると独立して群れを離れます。メスは15年程度で成熟します。 寿命は60年ほどなのですが、これは歯の寿命と密接に関わりがあります。 アジアゾウは生涯で何度か歯が生え変わりますが、最後の歯がすり減ると食事ができなくなり飢え死にしてしまうのです。

NatureEarth HOME