ネコマネドリ:時々ネコのように鳴く鳥

Dumetella carolinensis
名称ネコマネドリ (Turdus merula)
身体体長:20~25cm / 体重:35~40g
生息地北アメリカ大陸
食性雑食

ネコマネドリの特徴

Dumetella carolinensis

ネコマネドリは中~北アメリカに広く生息するマネシツグミの一種です。 羽毛は暗めの灰色で、目・足・クチバシ・頭頂部が黒いのが特徴です。

マネツグミは他の動物の鳴き声を真似る習性を持つものが多く、ネコマネドリは名前の通りネコの鳴き声を真似ます。 通常は普通の鳥のような鳴き声をしていますが、時折「ニャー」とネコのように鳴くことがある「ネコ真似鳥」という訳です。

ネコマネドリの生態

Dumetella carolinensis

生息地

中央~北アメリカ大陸に生息しています。温暖な時期は北部で、冬は南部で過ごす渡り鳥です。

普段の生活

雑食で果物、果肉、昆虫、ミミズなどを食べます。

繁殖と成長

卵生で春に繁殖期を迎えると樹上に木の枝などで営巣して一度に1~5個の卵を産みます。 抱卵期間は2週間ほどで、その間はオスが食料を調達します。

孵化した後は10日ほど子育てを行った後に巣立ち、それから1週間ほどで独立します。

NatureEarth HOME