エリマキトカゲ:エリマキを広げて威嚇

chlamydosaurus-kingii
名称エリマキトカゲ (Chlamydosaurus kingii)
身体体長:70~90cm / 尾長:40~60cm / 体重:500g
生息地オーストラリア・ニューギニア島などの低地森林
食性肉食寄りの雑食性で昆虫・クモ・ヘビ・小動物・植物などを食べる

エリマキトカゲの特徴

chlamydosaurus-kingii

エリマキトカゲといえばなんといっても首の周りのエリマキが特徴です。 危険を感じるとエリマキを広げて「俺を攻撃したらただじゃ済まねえぞ!」と威嚇。 それでも相手がひるまなかったら・・・スタコラサッサと逃げ出します。

敵に襲われると急いで木に登ろうとしますが、近くに木がなければ二足歩行で逃げます。 逃げきれそうになければエリマキを広げて「シュッシュッ」と音を出して威嚇します。 それでも戦いが避けられないとなると噛み付きや尻尾で攻撃します。 でも相手は猛禽・大型爬虫類・ネコ・ディンゴなど自分より強いので勝つのは難しいです。

エリマキは体を守るのはもちろん、体温の調整にも使えます。 暑くなると広げて体を冷やせるのです。

獰猛に見えるが実はおとなしい

キノボリトカゲの仲間で、木の上であまり動かずに生活しています。 エリマキを広げた姿が印象的で好戦的な性格と勘違いされますが、実際はすごくおとなしいです。

たまにエサを探しに地上に降りますが、地上ではなんと後足のみで2足歩行して移動します。 逃げる時も2足で走って逃げます。2足で走るなんて人間みたいですね。 エリマキを広げながら2本足で走って逃げる姿はどこかコミカルです。

ペットブームがあったけど・・・

1984年にエリマキトカゲが走るCMで話題となり一躍ペットブームになりましたが、ブームが終わると人気は下火になりました。 あまり動かなくて面白味に欠けますし、人に懐きにくい上に飼育も難しいです。 飼育下では10~20年近く生きることもあり、それなりに長い付き合いとなります。 もし飼う気があるならよく検討してからにしましょう。

エリマキトカゲの生態

生息地

オーストラリア・ニューギニア島などの低地森林に生息しています。

普段の生活

昼行性ですが普段は樹上でじっとしています 食事の際には木から降りて昆虫や小動物などを食べます。

繁殖と成長

10~20個程度の卵を産み、卵から孵化するとすぐに一人で行動します。 寿命は10年ほどです。

NatureEarth HOME