エボシカメレオン:頭に帽子のような突起のあるカメレオン

chamaeleo-calyptratus
名称エボシカメレオン (Chamaeleo calyptratus)
身体体長:45~60cm
生息地イエメンの森林
食性肉食寄りの雑食で昆虫や葉・果実などを食べる

エボシカメレオンの特徴

chamaeleo-calyptratus

エボシカメレオンは頭の突起がまるで烏帽子(エボシ)のようであることが名前の由来です。 オスはメスと比べて体が大きく、頭の突起も大きくなります。

環境に合わせて体色を変化させ、緑、黄、オレンジなど周囲に溶け込むような色をします。 目を別々に動かしたり、尻尾で木の枝にぶら下がったり、長い舌を伸ばして獲物を捕まえたりと、まあこの辺は普通のカメレオンです。

カメレオンはペットとして飼育が難しいのですが、本種はその入門用として比較的飼いやすいと言われています。 カメレオンは基本的に動くものしか飲み食いしないため管理が面倒なのですが、本種は珍しく植物も食べます。 これは乾燥した環境で生活しているので、植物から水分を摂取する習性を持っているためです。

また割と過酷な環境で生活しているので、比較的体が丈夫なのも利点です。 お値段は個体にもよりますが、1万円弱~2万円程度で購入できます。

エボシカメレオンの生態

生息地

乾燥した高地の森林に生息し、単独で生活しています。

普段の生活

昼行性ですが、基本的に木の上でじっとしていて獲物を見つけると長い舌で巻き取ります。

肉食寄りの雑食で昆虫・小動物や葉・果実などを食べます。 多くのカメレオンは生餌しか食べないのですが、本種は例外的に植物も食べます。

繁殖と成長

交尾すると2か月ほどで卵を地中に20~40個ほど産み、半年~10か月ほどで孵化します。

子は10か月~1年ほどで成熟し、寿命は5年ほどです。

NatureEarth HOME