動物よもやま話:クジラもカバもウシも鯨偶蹄目

whale

動物分類の鯨偶蹄目にはイルカやクジラなど海の動物、カバなどの水辺の動物、ウシやキリンなどの陸の動物など、様々な動物が属しています。 「なんでこいつらが同じ目なの?」と疑問に思うぐらい色々な動物がいます。

鯨偶蹄目の動物一覧

生息域がみんなバラバラですよね。なんでこんなことになってるのでしょうか。

カバとクジラは種としてとても近い

hippopotamus

「鯨偶蹄目」という分類は比較的最近できたもので、元はイルカやクジラなどが属する「鯨目」とカバやキリンなどが属する「偶蹄目」に分かれていました。 しかし研究の結果クジラとカバはとても近い存在であることが分かり、合体して「鯨偶蹄目」となったのです。

クジラやイルカは海に住む動物です。 肺呼吸なので陸上に上がっても即死ぬ訳ではありませんが、まともに活動することは不可能です。 それでは問題です。クジラやイルカは海に住んでいて陸では活動できないのに、なぜ肺呼吸なのでしょうか?

答えはクジラやイルカの先祖が陸上で生活していたからです。 一部の鯨偶蹄目の祖先「パキケトゥス」は、5000万年前に水辺で生活している陸上動物でした。 ちょうどワニのような感じの生活を送っており、水辺に潜んで獲物を狩っていたのです。

こいつが長い年月をかけてじわじわ海洋に進出し、完全に海に適応したのがクジラやイルカという訳です。 カバの祖先ははっきりしていませんが、パキケトゥスに近い種であると考えられます。 カバはウシよりもクジラの方が近いと言われるぐらいですからね。

意外に海で上手くやっている鯨偶蹄目の動物たち

hippopotamus

クジラやイルカは哺乳類なので肺呼吸で、一定時間(10数分~1時間)ごとに海上に呼吸しに出なければなりません。 当然寝てる間にも呼吸しなければならず、脳を半分ずつ眠らせる「半球睡眠」という能力で活動しながら眠っています。

呼吸の度にわざわざ海上に呼吸に出なければならないのはデメリットに思いますが、しかし陸から海へ出戻ったイルカ・クジラ・シャチなどの鯨偶蹄目の動物たちは割と海でも上手くやっています。
哺乳類特有のがっちりした骨格を持っているため、海の生物に遅れは取らないのです。

海の覇者と言えばイメージはサメですが、真の海の最強動物はシャチであり天敵は人間しかいません。 実はサメはシャチにはもちろんイルカにも勝てず、他にも海の怪物として有名なダイオウイカは基本的にクジラのエサです。 強さが全てではありませんが、それなりに繁栄しており海でも上手くやっていけているようです。

鯨偶蹄目は陸においても水辺のカバだけでなく、サバンナにはキリン、砂漠にはラクダ、高山にはカモシカ、草原にはウシなどなど、広い生息域を持っています。人間より広い範囲に生息しているのではないでしょうか。

ご先祖様がよほど優秀だったんですかね?そんな訳で鯨偶蹄目は海にも陸にもいて、クジラとカバは親戚みたいな関係なのです。

NatureEarth HOME