シロサイ:聞き間違いで付いた名前

ceratotherium-simum
名称シロサイ (Ceratotherium simum)
身体オスの体長:3.2~4.2m / 尾長:50~70cm / 体重:2t~3.5t
メスは一回り小さい
生息地アフリカのサバンナ
食性草食で主に地上の草を食べる

シロサイの特徴

ceratotherium-simum

サイはゾウに次ぐ大型の陸生動物で、中でもシロサイは体長4m、体重3tと巨大です。

皮膚がとても固くて動物の中で最も固いといわれているます。 ライオンにひっかかれても大した傷は付かないほどで、大人になれば肉食動物にやられる事はほとんどありません。 でも虫には刺されるから砂をかけて虫よけします。

頭の先に付いてるのは実は角ではなくひげです。なので折れて(?)もまた生えてきます。 ただ角のように固いので、危ないことには変わりありません。 大体のサイのひげは1本ですが、シロサイは2本のひげを持っています。

サイと言えば強烈な突進をします。 敵に向かって巨大な体が時速60kmの速さで突進してきて、まともに食らえばライオンだろうが無事では済みません。 でもサイは目が良くないので、なんだか分からずに突進する事があります。 耳と鼻は良いんですけどね。列車を敵と認識して突進して、負けて死ぬ事もあります。

白いからシロサイではない

シロサイというのは和名なんですが、別に白いからシロサイという訳ではありません。 イギリス人が(シロサイの)口が横に広いのを「ワイド」といったのを、日本人が「ホワイト」と聞き間違えてホワイトサイ→シロサイと名付けられたのです。

・・・さっさと名前を修正した方がいいのでは?

シロサイの生態

ceratotherium-simum

生息地

アフリカのサバンナに普段は単独か小規模な群れで生活しています。

オスは縄張りを持っていて、尿や糞をまいて縄張りを主張します。 ペニスが後向きに生えていて、尿をスプレー状にまいてマーキングしやすいようになっています。

普段の生活

夜行性の草食動物で、昼間は木陰や水場で過ごし、早朝や夕暮れに草を食べにいきます。 口先が横に広く、地面の草を食べるのに便利にできています。

繁殖と成長

通年を通し手繁殖期ですが、夏から秋にかけて特に盛んに繁殖活動が行われます。 オスはメスの周りをまわって、その後メスがオスの周りを回るとプロポーズ成功です。 でも失敗するとメスはオスに向かって突進する事もあります。メスの方が小さいとはいえ、オスはたまったものじゃないですね。

16か月の妊娠期間を経て1子を出産します。 おとなしい動物ですが、子連れのサイは気が立っているので近づかないほうがいいでしょう。

子は1~2年ほどの授乳期間を経て、2~3年で独立し、オスは10年、メスは6年ほどで成熟します。 寿命は45年ほどです。

NatureEarth HOME