コヨーテ:イヌとオオカミの間ぐらいの動物

canis-latrans
名称コヨーテ (Canis latrans)
身体体長:80~100cm / 体重:15kg
生息地北アメリカに広く生息
食性雑食で何でも食べる

コヨーテの特徴

canis-latrans

コヨーテはイヌやオオカミに近い動物で、ちょうど間ぐらいの大きさです。 運動能力や身体能力もイヌ科に準じており、オオカミには劣るものの相応の強さを持ちます。 キツネ寄り顔をしており、耳が長く聴力に優れるのも特徴です。

環境適応能力がとても高く、草原、湿原、砂漠、農村、都市など様々な場所で生活しています。 寒い地域にいるものは大きく、暑い地域にいるものは小さいのも特徴です。

見た目がイヌやキツネに近いので触りたくなりますが、危険な動物なので近づくべきではありません。 人を積極的に襲う訳ではありませんが、縄張りを侵すと集団で襲い掛かってくる危険があります。 滅多にありませんが、人が殺されたこともあります。

競合動物であるオオカミの減少にともなって数を増やしています。 通常は人の側にわざわざ出てきませんが、数を増やすとともに人家近くにも現れるようになり、農村はもちろん都市部にまで進出してきています。人や家畜への被害が恐れられる一方で、ネズミの抑制に一役買う益獣の側面もあったりします。

コヨーテの生態

canis-latrans

生息地

北アメリカに広く生息しています。 様々な環境に適応しており、食料を求めて農村・都市にまで進出し問題にもなっています。

地域や環境によって単独で生活するもの、家族単位の群れで生活するもの、一定の集団を形成するものがいます。

普段の生活

朝夕に活発に活動し、夜は巣穴や岩陰などで休息します。

雑食で何でも食べ、動物、果実、死肉はもちろん、人の残飯を漁ったり家畜を襲ったりもします。 飼い犬や飼い猫が襲われて食べられることもあります。

繁殖と成長

冬に繁殖期を迎えるとつがいになり、2月頃に交尾して2か月の繁殖期間を経て春に出産します。 1度に4~8子を出産し、夫婦で子育てを行います。

子は4か月ほど親に育てられて成長して独立し、2年で成熟します。 寿命は10年ほどです。

NatureEarth HOME