ヒトコブラクダ:背中のコブはひとつです

camelus-dromedarius
名称ヒトコブラクダ (Camelus dromedarius)
身体体長3m / 体高2m / 体重:700kg
生息地北アフリカや西アジアなどで家畜として飼われる
食性草食で草を食べる

ヒトコブラクダの特徴

camelus-dromedarius

ヒトコブラクダは名前通り背中にコブが一つあります。 ここに30kgもの脂肪を蓄え込み、食事ができない時はこの栄養を使って生き伸びることができるのです。

コブは盛り上がりでラクダの栄養状態を知ることができ、栄養状態が良ければコブが盛り上がり、悪ければ平らです。

砂漠に強い

ラクダはとにかく砂漠で生きていけるように出来ています。 コブの脂肪は日光を遮り、厳しい日差しでも体温が上がりにくくなっています。 足の指は肉で繋がり砂の上を歩いても沈まず、鼻は砂が入らないよう閉じられ、目にも砂が入らないように長いまつげがびっしり生えています。

砂漠地帯はサボテンなどトゲが生えた植物が多いですが、固い唇のおかげでそのまま食べることができます。 また少ない水分で活動できる上に水を貯える能力も高いです。 一度に100リットル以上の水を飲んで体に蓄えることができます。

でも逆に寒い場所や湿気が多い場所は苦手で、砂漠以外で生きていくのにはあまり適しているとは言えません。

ヒトコブラクダの生態

camelus-dromedarius

生息地

主に北アフリカとアジア南西部の砂漠地帯で家畜として飼われており、数は多いですが野生種は絶滅しています。

普段の生活

ヒトコブラクダは細いけど素早く動くことができるため、人間を載せて時速10km以上で数時間歩くことができます。 ちなみにフタコブラクダは力強く、荷物を持って長時間歩く能力が高いです。

繁殖と成長

繁殖期になるとオスは頬を口の両側に垂らして歯を見せてメスに求愛します。 メスは子どもを1頭産み、子どもは4~5年で成熟して25年ほど生きます。

ちなみにヒトコブラクダとフタコブラクダが交配すると、子どもはヒトコブ半ラクダとなります。 ヒトコブ半ラクダとさらに交配したら一体どうなるのか・・・?残念ながらヒトコブ半ラクダは子孫を残せません。 ライガーのような一代限りの存在みたいです。

NatureEarth HOME