シロフクロウ:真っ白な体色のフクロウ

bubo-scandiacus
名称シロフクロウ (Bubo scandiacus)
身体体長:50~65cm / 翼開長:150cm / 体重:1.6kg
生息地ユーラシア大陸・アメリカ大陸のツンドラ
食性肉食でネズミやウサギを食べる

シロフクロウの特徴

bubo-scandiacus

シロフクロウは北極圏に住むフクロウです。 特徴的な白い体も、周囲の色に溶け込む保護色になっています。 クチバシや足の指まで毛で覆われています。

フクロウの中では極めて珍しい昼行性です。 北極圏の夏には白夜 (1日中明るい)があるため、それに適応したと考えられています。

外見で雌雄を判別することができ、色がオスは白く、子とメスは白地に黒の斑点模様があります。 斑点模様は歳を取ると薄くなっていきます。

ハリーポッターに出演したためかペットとしての人気が高いのですが、気性が荒めであまり飼いやすいとは言えません。 北極圏に生息しているので暑さにも弱く、特に日本で飼う場合は注意が必要でしょう。

シロフクロウの生態

bubo-scandiacus

生息地

北極圏のツンドラ地帯に単独で生活しています。 繁殖期になると活発になり、南下して亜寒帯に見られます。 日本でも稀に冬の北海道の雪深い場所で見つかることがあります。

普段の生活

昼行性で朝夕に最も活発に活動します。 肉食で主にネズミやウサギなどの小動物を狩って食べます。

ツンドラ地帯にはあまり森林がないため、丘などの小高い場所から見下ろして270°回る首で獲物を探します。 見つけると飛んでいって鋭いかぎ爪で捕まえます。

繁殖と成長

4月ごろになるとオスはメスへ求愛し、つがいで繁殖地へ移動して5~6月に繁殖期を迎えます。 小高い場所に巣を作り、メスは5~10個の卵を産みます。

抱卵して1か月ほどで孵化し、父親は子のためにせっせとエサを運びます。 子を育てるには沢山のエサが必要で、なかなか産まれた子を全て養うのは難しいようです。 子は1~2か月ほどで巣立ち、2年ほどで成熟します。寿命は10年ほどです。

NatureEarth HOME