アメリカバイソン:北アメリカに生息する巨大なウシ

Bison bison
名称アメリカバイソン (Bison bison)
身体体長:220~330cm / 体重:300~900kg
生息地アメリカおよびカナダの平原や森林
食性草食で草、葉、芽、小枝などを食べる

アメリカバイソンの特徴

Bison bison

アメリカバイソンは大柄でガッシリとしたウシの仲間です。 赤褐色~暗褐色のモジャモジャした毛を生やしています。

オスなら3mにも達する巨体を持ち、草食動物でありながら非常に強力な動物です。 また動きも俊敏で、時速60kmものスピードで駆けることができます。

成熟した個体が襲われることはありませんが、若いものや加齢や怪我で弱った個体はオオカミの群れなどに襲われることもあります。 しかしアメリカバイソンは生息域では最大の動物なので、襲う側も危険な命がけの狩りになります。

アメリカバイソンが捕食者の群れに襲われた場合、群れは別々の方向に逃げ出します。 すると捕食者もバラバラになりますが、少数の捕食者相手であれば力が充実したバイソンが負けることはありません。 そうして追い払うのが基本戦略になります。

そんなアメリカバイソンの天敵はもちろん人間です。 かつては大陸に6000万頭が存在したとされていますが、入植者によって狩られて一時は数百頭にまで数を減らしました。 現在はアメリカ合衆国の国獣に指定されて保護活動が行われ、生息数は回復傾向にあります。

アメリカバイソンの生態

Bison bison

生息地

アメリカ合衆国およびカナダの森林や草原に生息しています。 普段はオスとメスが別々の小規模な群れで生活し、繁殖期になると合流して大規模な群れを形成します。

普段の生活

昼行性で日中に採食し、夜はあまり動かずに休息します。 草食で草、葉、芽、小枝、樹皮などを食べますが、この巨体を維持するために1日の大半を食事に費やします。

繁殖と成長

胎生で6~9月頃に繁殖期を迎え、9か月の妊娠期間を経て1子を出産します。

子は3年で成熟し、寿命は15~20年ほどです。

NatureEarth HOME