シロナガスクジラ:世界最大の動物

balaenoptera-musculus
名称シロナガスクジラ (Balaenoptera musculus)
身体体長:20~34m / 体重:120t
生息地世界中の海域
食性肉食でオキアミや小魚を食べる

シロナガスクジラの特徴

シロナガスクジラは世界最大の動物です。 体長34mの個体が確認されており、これは現存している中では最も大きい動物です。

そして太古の巨大恐竜を含めても、化石が一部しか発見されていないものを除いて一番大きいです。 サメ映画に出てくる太古の巨大サメ「メガロドン」はせいぜい13m、巨大恐竜として名をはせているスーパーサウルスでさえ33mです。 10階建てのマンションが高さおよそ30mといえば大きさに実感が沸くでしょうか。

この巨体を維持するために毎日6tものエサを食べています。 食事の際には喉を大きく膨らませて海水ごと吸い込み、口にあるヒゲでエサをこして食べます。

その鳴き声は180デジベル (※ロケットの発射音並み)を超え、鳴き声は数百キロ先まで届きます。 何もかもが段違いのスケールです。

しかしこの巨体をもってしてもかなわない相手がいます。 一つは”キラーホエール”ことシャチ、もう一つは人間です。 かつて30万頭いたシロナガスクジラは1万頭程度まで数を減らしました。 今は捕鯨が禁止され数を増やしていますが、元来繁殖力が低く予断を許さない状況です。

シロナガスクジラの生態

生息地

全世界の海を回遊していて、夏は涼しい北極・南極付近、冬は温かい熱帯~亜熱帯の海におり、基本的に単独で行動しています。

普段の生活

泳ぐスピードは時速50kmにもおよび、200mもの潜水が可能で水中に50分間留まることができます。 その泳力を活かして海面近くのオキアミを潜って威嚇して集めて、そこを狙って一気に食べます。 毎日4tものオキアミが1体のシロナガスクジラによって食べられているのです。

繁殖と成長

妊娠期間は11か月で、およそ2~3年に1度1子を出産します。 子は7~8か月ほど授乳して育ち、産まれた時点で7mある体が1日で90kgずつ増えていきます。 7歳ほどで成熟し、その寿命は100年以上と言われています。

NatureEarth HOME