クラウドソーシングのはじめかた

crowdsourcing

クラウドソーシングとはネットで案件を探して受注して報酬を貰うビジネスです。 案件の内容は誰でもできる経験不問のアンケート的なものから、ライティング、プログラム、デザインなど能力を要するものまで様々です。

自分の時間的都合や能力に合った案件をこなしていきましょう。

サイトを選定しよう

まずはサービス提供サイトに登録する必要があります。 サイトによって技術者向け、フリーランス向け、主婦向けなど案件に傾向が見られるので、自分に合ったサイトに登録しましょう。

とりあえず今回は日本最大級のサイトのひとつ「クラウドワークス」で仕事する体で話を進めます。 案件数が多くどのような能力・スタイルの人でも仕事が見つかりやいサイトだと思います。

まずはサイトへ移動してユーザ登録をしてください。 なお必須事項以外は後から書いて問題ないので、とりあえずは最低限の内容だけ書けばいいです。

Crowdworks

https://crowdworks.jp/

案件を探そう

画面上部の「仕事を探す」をクリックすると、現在クラウドワークス上に依頼されている案件の一覧が出てきます。 まずはクラウドワークスの流れを掴むために簡単ですぐ終わる案件を選択しましょう。 「タスク」タブをクリックしてください。

短時間で終わる作業が沢山出てくるはずなので、クリックして内容に軽く目を通して簡単にできそうなら「作業を開始する」をクリックしてください。 中には5秒ぐらいで終わるのもあるので、軽いのを選ぶといいでしょう。

作業が終わるとクライアントの承認待ちとなると思います。 この後クライアントが作業内容を確認し、問題なければ承認されて報酬が支払われる流れとなります。 システム利用料である20%が引かれた金額が実際の報酬となり、一旦クラウドワークス上にプールされます。 受け取りには銀行口座が必要になるので、本格的にクラウドソーシングを始めるつもりならば登録しましょう。

タスク案件はあっさり終わりますが、基本的にはどの案件も大よそ同じ流れとなります。 まあ通常の案件はリテイクなどで中々承認されなかったりしますが・・・

条件の良い案件を取るには

タスク案件は誰にでもできてすぐに終わりますが、報酬も雀の涙ほどしか貰えません。 もっとまとまった報酬が欲しい場合は、ある程度高度な案件を受ける必要があります。

しかしクライアント側は高度な案件をどこの誰とも分からない人に任せたくはないですよね。 だから仕事をコンペ形式にして競争を促したり、応募してきたワーカーの中から最も仕事に向いている人を選んだりします。 つまりスキルも経験もない状態では割の良い案件を受けることは難しいです。

そんな時にはプロフィール情報を充実させて自分のスキルをアピールしたり、仕事の実績をまとめておいたり、SNSやブログを始めて「自分はこういう人間だ」と発信したりしましょう。 たとえそれがどんなに小さいことでも、相手のことが何も見えない状態よりはずっとマシです。

そうしてコツコツと実績を積めば、より報酬の良い案件を取れるようになるでしょう。

本業ほどに稼ぐのは難しい

高度な案件は報酬が良いと言っても、やはり会社で働いて得られる給料と比べると全然安いです。 得られる報酬は会社の数分の1~下手すると数十分の1程度、案件によっては作業しても報酬ゼロになる場合もあります。

なので「そういうものだ」とある程度割り切って作業をする必要があるでしょう。 自宅から離れられない、仕事の実績作りが必要、スキル向上したいなど目的があれば悪くないと思いますが、「仕事を辞めてクラウドソーシングで食べていく」なんてのはまず割に合わないです。 なので目的意識を持って取り組みたいですね。

円の価値が安ければ海外クラウドソーシングサイトももっと稼げると思うのですが、残念ながら現在円は世界的に物凄く強い通貨です。 ただ将来的には安くなっていきそうなので、それを見据えて海外クラウドソーシングサイトで実績を積むのもいいかもしれません。

おすすめ副業講座 HOME