XAMPP環境でApacheとMySQLを起動する方法

softwear

ApacheとMySQLを起動する

XAMPPのコントロールパネルを開く

まずはXAMPPのコントロールパネルを開きましょう。 今回は[スタート]→[全てのアプリ]→[XAMPP]→[XAMPP Control Panel]から起動しました。 xamppフォルダ直下にあるxampp-control.exeを直接実行しても問題ありません。

XAMPPの設定

Apacheを起動する

XAMPPの設定

コントロールパネルからApacheを起動します。 Apacheの右にあるStartボタンをクリックしましょう。

※Apacheで使用するポート80番を他のアプリで使用しているとエラーになります。 80番ポートは開けておきましょう。

XAMPPの設定

Apacheの背景色が薄緑になり、Actionsボタンの表示がStopに変われば起動成功です。

MySQLを起動する

XAMPPの設定

同様にMySQLを起動します。 MySQLの右にあるStartボタンをクリックしてください。 MySQLの背景色が薄緑になり、Actionsボタンの表示がStopに変われば起動成功です。

XAMPPの設定

ここまでが起動手順になります。

XAMPPコントロールパネル起動と連動してApacheとMySQLが起動する設定を行う

テスト環境を頻繁に立ち上げる場合、その度にStartボタンをクリックしなければなりません。 一回一回は大した手間ではありませんが、塵も積もればなんとやらです。 なのでコントロールパネル立ち上げ時にApacheとMySQLが自動で起動するように設定しましょう。

コントロールパネル右上のConfigボタンをクリックします。

XAMPPの設定

Autostart of modules のApacheとMySQLにチェックを入れてSaveボタンをクリックしましょう。 これでXAMPPコントロールパネル起動時にApacheとMySQLも自動で立ち上がるようになります。

XAMPPの設定

XAMPPコントロールパネルの立ち上げも自動化したい場合は、 xampp-control.exeへのショートカットをスタートアップフォルダに入れておくといいでしょう。

アマルウェブ HOME