WordPressで「データベース接続確立エラー」が起きた時の対処

wordpress

WordPressサイトは閲覧時に「データベース接続確立エラー」とだけ表示されるようになることがあります。 これはデータベースとWordPressの接続が何らかの理由で正常にできていないために起きるエラーで、運営者が対処しなければ改善されません。 放っておくとこのままサイトが閲覧できない状態が続きます。

初見でこのエラーを見ると面食らいますが、大したことない症状の場合も多いです。 私がデータベース接続確立エラーに遭遇した時の対処方法を書いておきます。

エラー発生状況別の対処方

設定ファイルを修正したらエラーになった場合

システムの修正中にこのエラーが出た場合、あなたの修正内容に問題があったのでしょう。 特にWordPressとデータベースの接続設定を記述する「wp-config.php」を誤って修正した可能性が高いです。 他にもデータベースのパスワードを変更したけど設定ファイル側では変更していなかった、プラグインがおかしな挙動を起こしているなども考えられます。

こういった場合は一旦修正前の状態に戻して様子を見ましょう。 システムを修正する場合は必ず修正前の状態に戻せるようにバックアップなりはしておきましょうね。

何もしていないのにエラーになった場合

特に重要な設定を弄った訳でもないのにエラーとなる場合もあります。 原因はトランザクションのデッドロック、データベースが壊れた、サーバー側のトラブルなどいくつか可能性が考えられます。

サーバー側のトラブルやデッドロックが原因であればサーバーを再起動すれば復旧するケースが多いです。 私もこのエラーを見たらとりあえず再起動してみますが、大抵はそれで解決しています。

丁寧に原因を究明する気であればデータベースやサーバーの状態を確認した方が良いです。 ただこのエラーは起きる時は起きるので、あまり深く考えずにとりあえず再起動してみるのも悪い手ではありません。

ここから先は余談&憶測ですが、以前WordPressのログインページ・設定ファイルにアクセス制限していなかった頃にこのエラーが月2回程度で出ていました。 実害があった訳ではないのですが、そういった攻撃を試みること自体がエラーを引き起こす原因の可能性もあるのかなと思い、重要ファイルへのアクセスを遮断したらエラーが起きなくなりました。 (verアップもありましたし、明確にこれが原因だと断定はできませんが)

もし「何もしてないのに時々接続確立エラーが起きる」のであれば、サイトが攻撃されていないか確認してみてください。 もしそれらしい形跡があれば重要ファイルにはそもそもアクセスできないように.htaccessなどで制御した方が良いかもしれません。

上記対処で解決しなかった場合

とりあえず落ち着いて、まずはWordPressとデータベースをバックアップしましょう。 接続確立エラーはこの2つの接続部分で起きているケースが多いので、データ自体は無事である可能性が高いです。 変に焦ってエラーだからとデータを消去してしまうのではなく、サルベージできるようにしておきましょう。

その後は原因を究明するなり、エラー発生前にバックアップしていたものに差し替えて差分を追加するなり対処するなりしましょう。 この辺の対処は原因によってケースバイケースなので何とも言えませんが。

本エラーに限りませんが、WordPressはエラーでまともに表示されなくなったりハッキングされてサイトを改竄されたりしてもデータは無事であることが多いです。 挙動が変になったからといきなり削除するのではなく、焦らず騒がずまずバックアップと覚えておきましょう。

アマルウェブ HOME