PHPとは

php

PHPとは

PHP はオープンソースのスクリプト言語の一つで「PHP: Hypertext Preprocessor」を略して呼ばれています。 PHPは「Personal Home Page」の略なので、まとめて訳すと「ホームページのハイパーテキスト処理言語」といった所です。

PHPはウェブ開発のための言語で、HTMLに埋め込んで使うのが主な用途です。 HTML(とCSS)だけでは常に同じ内容を表示する「静的なページ」しか作れないのに対し、PHPを使えば流動的にページを作成する「動的なページ」を作る事ができます。

例えば「新着記事一覧」ページの場合、HTMLだけでは記事を作る度に新着記事一覧ページも修正しなければなりません。 しかしPHPを使えば更新日時が最新の記事をリクエストする事でページを実現できます。

PHPを使えばフォーム、アクセスカウンタ、メール、掲示板など、色々なものが作れるようになります。 チャットやショッピングサイト、動画サイト、検索エンジンなどを作ることも可能です。 HTMLとCSSにPHPが加わるだけで一気に実現できる世界が広がります。

同じような機能を持つ言語にCGI、ASP、JSP、Perlなどがありますが、できる事にそう大きな違いはありません。 しかし中でもPHPは環境による制約が少なく習得も容易で、wikiやWordPressなどにも幅広く採用されています。 これらの中ならPHPから学ぶのがいいでしょう。

PHPの特徴

サーバ側で処理を行う

サーバで処理を行う言語なので、処理が基本的に高速です。 また処理結果のみをクライアントに渡すので、コードが隠匿できます。 JavaScriptなどのクライアント側で処理する言語との決定的な違いはこの辺です。

なのでPHPはサーバが使用を許可しなければ使う事ができません。 サーバをレンタルする場合は使用可否を確認しておきましょう。

文法が簡単

HTMLに埋め込んで簡単に使う事ができます。 例えば下のソースはPHPで文字出力していますが、他の言語では必要な宣言やら関数の記述やらは必要ありません。 「<?php」~「?>」で処理部を囲って命令を記述するだけです。

<html>
<head>
<title>title</title>
</head>
<body>
<?php echo "<p>PHPで文字を出力します</p>"; ?>;
</body>
</html>

CやJavaなどの言語を取り入れて作られたため、他言語の経験があればより容易に習得することができるでしょう。

DBへ簡単にアクセスできる

ライブラリや関数が用意されており、データベースへの接続が簡単で親和性も高いです。 MySQL、SQLServer、Oracleなどはもちろん、AccessやExcelなどに接続することもできます。

豊富なフレームワークやライブラリが利用できる

オープンソースで広く開発されているため、フレームワークやライブラリが豊富です。 PEARなどのオンラインライブラリによる付加機能も提供されています。

広い環境で使える

Win、Mac、Linux、UnixなどのOSに対応し、環境による制限が少ないです。 レンタルサーバーでも有償のであればまずサポートされていますし、無償でレンタルできる場所でもサポートしてくれている場合もあります。

アマルウェブ HOME