JavaScriptとは

javascript

JavaScriptとは

JavaScriptとはウェブブラウザ上で動くスクリプト言語(プログラム言語の一種)です。 HTMLにコードを記述し、ウェブページを動的に制御します。

JavaScriptによって開閉メニュー、時計、フォーム処理など、ブラウザ上で動的な処理を実現できます。 処理はクライアント側で実行されるため、サーバ側のコードが変わる訳ではないこと・一度読み込まれたらサーバ側に負荷がかからないことも特徴です。

コンパイルを必要としないスクリプト言語であり、コードを書いてブラウザに表示すればすぐに動きます。 比較的簡単で動きも見て取れるので、プログラム初心者にもお勧めです。

JavaScriptで動的なウェブページを作るには、HTMLで記述されたDOM(Document Object Model)というAPIを利用します。

JavaScript開発に必要なもの

テキストエディタとウェブブラウザがあればJavaScriptでの開発が可能です。 大抵のパソコンなら買ったその場でも開発することができます。

ウェブ上に公開するにはインターネットへの接続が必要ですが、ローカル環境でも実行は可能なので自分で組んで動きを見るだけであればネット接続すら必要ありません。

PHPなどのように実行環境を用意せずとも開発が可能なことも魅力の一つです。

テキストエディタ

メモ帳はさすがにお勧めできませんが、Terapadやサクラエディタなど、使いなれているテキストエディタであれば何でもいいでしょう。Eclipseなどの統合開発環境をインストールしているのであればそちらで開発するのもお勧めです。

ウェブブラウザ

開発環境を備えているGoogleChromeかFireFoxをお勧めします。
JavaScriptは通常のブラウザモードで挙動を確かめる事が難しくバグの発見が容易ではありません。一見問題なく動いているように見えてエラーを吐き出し続けているなんて事もあります。記述ミスが発覚しにくい言語なので、ログが確認できるブラウザを選びましょう。

アマルウェブ HOME