ブラウザとは

web

ウェブブラウザとは

ウェブページを閲覧するアプリケーションソフトをウェブブラウザ(ブラウザ)と言います。GoogleChromeやInternetExplolerなどが有名です。ブラウザにはそれぞれ個性があり、人によって使っているものも様々です。ここでは代表的なブラウザと特徴についてお話します。

代表的なブラウザの紹介

GoogleChrome

GoogleChrome

Google社が提供するブラウザで「Chrome(クローム)」と呼ばていれます。
シンプル・高性能・高速が特徴で、Chrome Extensionを使って機能を拡張させる事もできます。
ウェブの開発環境としても優れており、初心者から本職まで幅広く使われています。
現在世界で最も使われているブラウザです。

InternetExploler

InternetExploler

Microsoft社が提供するブラウザで「IE(アイイー)」と呼ばれています。
Windowsに標準インストールされているので、一昔前までは最も使われているブラウザでした。
ヘビーユーザーによく馬鹿にされますが、性能も悪くはないしアドオンによってブラウザの機能を拡張する事も可能です。
今後開発しないなんて話も聞きますが・・・

FireFox

firefox

非営利団体Mozilla Foundationが提供するブラウザで「火狐(ファイアフォックス)」と呼ばれています
アドオンによる機能の拡張性に非常に優れており、特にヘビーユーザーから支持を得ています。オープンソースで開発され、バージョンアップのサイクルも非常に早いのも特徴です。
潜在力は高いですが使いこなすには手間もかかります。ライトユーザーならChromeの方が向いているのではないでしょうか。

Opera

opera

Opera Software社が提供するブラウザで「Opera(オペラ)」と呼ばれています。
シンプルな画面と高速描写で、メーラーやRSSフィードなどの多彩な機能を標準搭載しています。
しかし近年は他のブラウザにも大よそ同じ機能が付いており、速度もそう変わりません。Chromeにお株を奪われた感があり、主流ブラウザとは言えなくなりつつあります。
使用者が少ないためセキュリティホールが見つかりにくいという利点があるにはありますが・・・

safari

safari

Apple社が提供するWebブラウザで「Safari(サファリ)」と呼ばれています。
Macに標準インストールされており、itunesなどApple社の提供するアプリとの親和性が高いです。Apple社製品の愛好家であれば使っておいて損はないでしょう。
ただ日本語サポートされていない物が多く、英語ができないと使いこなすのは難しいかもしれません。

製作者目線でブラウザ差異を考える

製作者目線で考えると、ブラウザ差異は厄介な問題です。
ブラウザの種類やバージョンによってサポートしているHMTL要素やCSSの解釈などに差があるため、ブラウザが変わると想定外の動作や表示になることがあります。最新の機能、非推奨の機能、複雑な処理、ブラウザのバグを利用した処理などを使う箇所では、デバッグは複数のブラウザ・バージョンで行った方が良い場合が多いです。

全てのブラウザ・バージョンに対応したサイトを作る事はまず無理です。可能な限り解釈に差が出ないコーディングを心がけるのはもちろんですが、ブラウザのサポート範囲とサポート外ブラウザで閲覧された場合の処理はあらかじめ決めておいた方がいいでしょう。極論ですが以下の手も有効な手段ではあります。

サイト動作を保障するウェブブラウザを明記しておくことをマルチブラウザと言います。 特に最新のHTMLやCSSの機能をふんだんに使ったゲームなどのサイトはマルチブラウザな事が多いです。

どのようなブラウザでもサイト動作を同様に保障することをクロスブラウザ、クロスブラウザで動くスクリプトをクロスブラウザスクリプトといいます。ウェブサイトは基本的にクロスブラウザであるべきですが、HTMLやCSSは改訂されていくし、ブラウザ毎にサポートされている機能や解釈が違うものがあるしで中々難しいですね。

アマルウェブ HOME