パーマリンク形式は「サイト名/記事名」に設定しよう!

web

パーマリンク形式とは

パーマリンク設定とは、記事をどのような形式のURLで表示させるかの設定です。 一例として一般的なパーマリンク形式を以下に挙げます。

形式
ページ番号http://サイト名/?p=999
日付と投稿名http://サイト名/YYYY/MM/DD/記事名/
月と投稿名http://サイト名/YYYY/MM/記事名/
数字ベースhttp://サイト名/archives/999
カテゴリベースhttp://サイト名/カテゴリ/記事名
記事名のみhttp://サイト名/記事名/

実はこれ、サイトを構築したら一番最初に決定するべきレベルの重要な項目です。 もしパーマリンク形式を変えたら、記事URLが丸ごと変わってSEO的にガタガタになりますからね。 .htaccessで変更前後URLを紐づけるなど対策はありますが、そんな面倒なことするぐらいなら最初に決め打ちしておきたいです。

だからパーマリンク形式はサイト構築時に決めて、基本的に変えてはいけないんです。

どのパーマリンク形式にすべきか

投稿名のみがベスト

個人的にお勧めしたいのが「http://サイト名/投稿名」の形です。 シンプルイズベストですね。もしサイト名が変わることがあっても、.htaccessで丸ごと振り替えてやれば済む点も強いです。

年月を含む形式はニュースなど年月が意味を持つ場合に使う

年月を含む形式はニュースや日記のように記事に対して年月が意味を持つのであればいいでしょう。 逆に知識集のような記事の年月があまり意味を持たないサイトではこれは違和感があります。他のにしましょう。

記事名がシーケンスは使わない

「http://サイト名/?p=999」「http://サイト名/archives/999」のような記事名が数字になるような形式は止めましょう。 SEO的に記事名にも関連ワードを盛り込むべきという点ももちろんありますが、記事体系と番号がズレる恐れがある点も見逃せません。

また既成の記事間に記事を挟もうとすると記事順と番号体系にずれが生じたり、ブログソフトなどで番号を自動で振る場合は引っ越し時などにリナンバされる恐れもあります。 きっちり記事毎に名前を振った方がいいでしょう。

カテゴリは使わない

記事数が増えていくうちに、最初に設定したカテゴリ体系を変えたり記事のカテゴリを変えたりすることはよくある話です。 しかしパーマリンクにカテゴリが含まれているとカテゴリ変更によって記事URLも変わってしまうため、カテゴリの再設定が気軽にできなくなります。

カテゴリを含めるのは止めましょう。

そんな訳で、サイトを構築したら最初にパーマリンク形式を投稿名のみに設定しておきましょうという話でした。

アマルウェブ HOME