マルチサイトのメリット・デメリット

web

マルチサイトとは

マルチサイトとは、1つのドメインに複数のサイトをぶら下げる形式のサイトです。 1サイトで扱いきれない・分割すべき内容を複数のサイトに持たせることで、1つ1つのサイトを特定分野に特化してSEOの強化を実現します。もっとも「理想としては」ですが。

まずはマルチサイトに関してお話しておきましょう。 マルチサイトには「サブディレクトリ形式」と「サブドメイン形式」の2つの形式があります。

サブディレクトリ形式

http://サイトドメイン/サブディレクトリ

何か1つのサイトテーマをいくつかのディレクトリに分割する手法です。 例えばサイトのテーマを「ウェブサイトの基礎知識」とするなら、ウェブサイト総論やHTML、CSS、JavaScriptなど各種言語やサーバ知識などを下に配置する形式です。

URLの見た目がシングルサイトをカテゴリ分けにしたようなパーマリンク形式になっていますが、実態もそう変わりはありません。 特に利用者側からすればほぼ同じに映るでしょう。

ちなみにこのサイトもサブディレクトリ形式のマルチサイトです

サブドメイン形式

http://サブドメイン.サイトドメイン

サイトのテーマごとにサブドメインを設定してサイトを分割する手法です。 サブドメイン形式はyahooなどがその典型で、ショッピング、オークション、路線検索など並列したの複数テーマがyahooを形成しています。

マルチサイトには上記2種のサイト分割方法がありますが、本質的な意味は同じです。 どんな角度でサイトを分割するかの違いでしかなく、また言うほどの違いはありません。 気分的な問題と言っても過言ではないでしょう。

マルチサイトのメリット・デメリット

メリット

デメリット

マルチサイト化はある程度サイトのボリュームを保てるならメリットが大きいです。 しかし技術的な問題に当たることも多く、マルチサイト運営の絶対者数が少ない分、調べても解決できない可能性も高くなります。 サーバやツールにバグがあり想定外の挙動をしたり、サーバによってはそもそもマルチサイト化ができないこともあります。

なので技術的な問題にある程度自分で対処できるのであればマルチサイト導入を検討してもいいのではないかと思います。 少し脅しましたが、簡単なプログラムの知識と対処する時間的余裕があれば大きな問題にはなりません。

逆に知識が怪しかったり、知識はあっても時間的余裕がなかったりだと難しいことも多くなると思います。 それに明確な目的なしになんとなくマルチサイト化してもほとんど恩恵はありません。

それを思えばマルチサイト化する強い動機がない限りはシングルサイトでいいのかもしれませんね。

アマルウェブ HOME